人生のCanvas Part2 井上雄介のぼやき2



カテゴリ:日本システムの終焉( 5 )


19人の名も無き犠牲〜二重の殺人を忘れない

7月26日、2016年。なんとも痛ましい信じられないような事件が起きた。相模原やまゆり園での障害者を狙い討ちにした虐殺事件。明日で3週間にもなろうとするけどオリンピックやいろいろな世間の騒ぎで事件の本質がすっかりかき消されてしまった。

20代なかば以降からずっと障害者問題に関わって来たり個人的に親しい友人、悪友とさえ呼べる障害の友達も多いし何故ここまでの事件を起きるまで許してしまったのか、とても苦しい無念と整理出来ない気持ちが続いている。

自分自身、10年以上前にうつ病で衰弱してご飯も食べられず精神病院で点滴を受けて食事介助から療養、半年で退院して主治医の清水先生は「あなたは躁うつ病だよ」と。自分でも数年は合点が行かなかったけど、若い頃から衝動的に物事に突き進んでは燃え尽きて動けない時期が季節ごとにあったり(・・・なぜ今しなくてはいけないことが山程あるのに・・・動けないんだろ?)の経験があった。主治医によると中年以降は躁状態があまり出なくなりうつ状態の方が続いたままになるそうで、それも受け容れるように慣れてきた。祖父も躁鬱だった世の中見ると仕事人間や中小企業の社長さんやアクティブに動く人を見ればああ、この人も躁鬱なんだろうなと思うしいろいろだ。

   *

話を戻せば今回の事件、当初からおかしいと感じたのは犠牲者の匿名報道、「19名の重度障害者」一括りにしアルファベットと年齢で記号化さえされてしまった。事件後から各方面の当事者団体から「生き様や人となりがあったのだ!」と抗議や声明が出されているけれども遺族の意向、それすらも定かで無いのに遺族の人権を優先する。おかしい。寝ていただけで普通に迎えるべき朝、暮らし、人生を奪われたのは19人の犠牲者なんだ。そこにまず大きな差別があることを報道できないし考えられない。ある障害団体では「障害者は死んでも差別されるのか」とのコメントさえ読んだ。

  *

次にまったく理解できないのは、21世紀の現代に置いて人間の尊重、つまり人権を踏みにじる差別よりも虐待よりも虐殺が起きたのにすでに世の中から忘却が始まっている事 。事件当時から犯人の異常性や思想に特化したニュースばかり流れ、建前では言うものの「19人の障害者が犠牲」「社会に対する問いかけであり考えていく必要がある」では上辺でしかない。

盲ろうの福島智さんは事件後すぐ声明を出した「この事件は犯人と社会による二重の殺人になることを危惧している」。その通りで3週間近くで生き様、人となりを社会からすべて抹殺された。ちょうどオリンピックもあるので日本中がニッポン!連呼の騒ぎになり・・・そのニッポン!の歓喜の影にはには19名の犠牲者は含まれてないんだ、そう考えるとやりきれない気持ちになる。それすらも分からない民族性はどこで、何を、どう、間違って来たのだろうか。

  *

おそらく、やまゆり園の日常やいろいろな障害者の暮らしや人生、社会が迷惑をかけ障害者が抱える問題、無理解、偏見、差別があるのだろうとは推測出来る。十年以上前、障害者作業所の所長だった時代、それ以前か、介護保険も始まりその頃である。いろいろな障害者に「今後、障害福祉の将来、社会はどうなっていくんだろねえ?井上さん」と聞かれる度に「おそらく弱者排除、切り捨ての時代が始まるだろうねえ、年金も生活保護も削減されるだろうし、差別も酷くなるだろうね。だからもう一度障害者運動の必要も出てくるだろうし、自分たちで力をつけて闘って勝ち取っていくしか無いだろうねえ」、なんども言った覚えがあるし、現に事件後そう言う事を覚えていた友人は「井上さんは世の中は悪意に満ちているからと勝ち取って行かないといけないと言ってましたね、覚えてます」と私信を頂いた。

   *

差別はあるもの、として今回の事件後も、物事でもなんでも進めなくては行けないと思っている。分かり難いから例えば先天性と後天性で障害を持つ場合。例えば先天性の場合、昔は就学免除と言う制度まであり「障害を理由に学校に来なくても良い」と言う差別があった。いまも形は違うけど分けて教育と言うのも形を変えて残っている。それと事故や病気、何らかの理由で障害を負った場合、溝がある。多分、世の中には後者の方が想像しやすいから、理解しやすい乙武さんやパラリンピックが出来るような選手に感動を覚える。世の中は感動を消費したいけどそんなの迷惑なだけで実はそれすらも差別であることが分かって居ない。

また当事者間でも溝はあり障害者誰もがパラリンピックが好きなわけではない、違う例では手話で歌うのも大きな誤解だ。ろう者と難聴者では必要とすることも全く違ってくるしそう言うことへの思いの底が浅すぎる。様々な障害全般にわたっていろいろなことが言える。

もう一つ例えばで言えば、障害者とボランティアや介助者、通訳者がいた場合、障害児と親が居た場合。本人を無視してボランティアや親に話しかける。長年、実際に多く経験してきたし困った事に問題が起きると障害者自身もボランティアに頼り代弁をしてもらう。こんな事を言うから僕は友人とも喧嘩もしてきたし障害以前にそのひととぶつかったりともに喜怒哀楽をしてきた。

   *

犯人と社会に二重に殺された19名、まさかとは思って居たけど新自由主義以降の効率、合理性、利益主義、様々なものがこんな形になって現れるとはここまでは予想していなかった。この事件以前に酷い差別や問題は起きていたけれども、普通に迎えられる日々を、暮らしを奪われた。無念だったし怖かっただろうしまだやりたいことは山程あっただろうなあ。

優生思想のもとに障害者虐殺の計画を練り実行したのでは言われているようにナチズムの再来であってはならない問題なのに事件がどんどん消されて行くことにとても悔しい。あろうが事に、政府や厚労省は識者による対策チームを作り再発防止に務めると言う。当事者団体も対策チームに入れないし、対策は悪意が社会にある以上ある程度必要だけれども、問題は「再発が起きうるような社会こそ」なのに。もっとも昔から障害者運動を阻んできたのは政府であり厚生省であり、当事者の粘り強い運動で何十年もかけてやっとここまで来たのに、監視を強化するとまでの間違った方向に時計を一気に戻してしまう。

  *

ずっと現場で時間も無く、19名の無念を思うと献花にも行きたい。でもどうも無理だ。なので事件以降、身の回りから出来る事で悼むこと、近所での助け合い、事件についての話を続けている。思いついたのは自分の暮らす地域での献花する場所やメッセージや何かできないかな?と。

事件以降、車椅子での外出や障害児を持つ親御さんなどいろいろ目に見えない恐怖を日々感じる社会になってしまったそうだ。今日は公民館にそういう事が出来ないか相談に行ってみるけどまずは自分の周りから少しずつ長く細くなんだと思ってる。

それにしても多分、国境を超えた人類、社会上の問題なのに無念や脱力感で一杯な終戦記念日。何も学んできていない事に悲しくなる。

まだ暮らして来たやまゆり園の辺りに19名の魂はいると思うと・・・・ご冥福を心からお祈りします。 合掌






[PR]
by lifecanvas2 | 2016-08-15 08:23 | 日本システムの終焉 | Comments(2)

人質事件とその後に憂う

1月下旬退院して間もなくイスラム国での人質事件が起きた。結果、当初のイスラエルでの会見やエジプトでの声明、(安部・・・お前それはないだろ!)の思いのまま2人は殺害されてしまった。かねてからのでたらめ外交で世界中に金をばら撒き有名なのは米国債に50兆円も買うという、ばか者外遊外交をずっと危惧していた。夏ごろのシリアへの空爆は国際法違法性があると懸念されていたから有志連合なのにあの時期に世界各国から懸念もあったのに日本は空爆賛同表明も簡単に出す。

今日の2月上旬時点で後藤さんが殺害されてから1週間ちょっとなのに検証どころか世論操作って言うのは代わらず大したものだなと憂うし宰相として追悼するどころではなく、殺害される事件の最中に待ち望んで準備していたかのよう、矢継ぎ早に危険な政策がどんどん出てくる。昨日も降って沸いたODAの拡大解釈案である。どこからそんな話出たんだ?事件中から考えていなければそんな案は出ない。

人質解放には「全力を尽くす」を言っていたのも大嘘も露呈して何もしなかったことに全力を尽くしていた事も発覚もしているけど何も問われない。昨日の政府会見では検証委員会も政府設置のお仲間で検証すると言うでたらめさ。

感覚的に理解できないけれども自己責任を唱える国民も一定数いてそれを利用している。読売新聞の世論調査は恣意的なので信用に足らないけれども8割が自己責任を唱え、対応には5割以上が評価していると言うのにもうんざり。こう言った考え方は理解出来ないのだけれど無用は捨てる思想と他人の不幸を待ち望む風潮もここ数十年で顕著になってきた感がある。

これのどこが「美しい国」なんだろう、「おもてなし」の国なんだろう。

自己責任を唱える人の思考はそこで停止している、その危険性になぜ気づかないのだろう。結果はどうあれ時の政権、政府が全力を上げて邦人保護に努めるのは責務なのに自己責任で切り捨てるとそこで終わり国家の意のままの奴隷になることと同じくする。そこには当然民主主義などない。

やれる事はあったはず、例えば意図を違えて受け取られた人道支援を会見を開きメッセージとして発信する。有志連合であるオバマやキャメロンの発言は控えてもらう、当然だ、内政干渉だし国内の人命救出の問題だ。おそらく要求が変化したのは国民が騒ぐ要求は建前で他に国に要求していたこともあった想像も出来る。現に後藤さんの奥さんには昨年末にメールで要求が来ていた。しかし選挙を優先した。

  *

昨年ガザ地区へのイスラエルの容赦ない殺戮があった。あの時は世界中が非難し米国でさえもいまは距離を置いている。なのにのこのこ出かけ外遊する神経。この辺が世界の歴史音痴なのではないか。世界の3つの啓示宗教の問題は日本から見て学んでも心が納得しないほど難しい。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教。紀元前から対立は始まりイスラム教は紀元600年ほどに発祥だったと思う。

絶えず宗教を軸に戦争が起こり領土の拡大や奪還を繰り返しその主張は各々の神は絶対であるからにして無常な時間の流れのまま1000年以上の対立が続く。当然今回のイスラム国の発言にあった十字軍もオスマン帝国のころから現代に至るまで定義はいろいろだろうけど何度も続く。

少し考えても気の遠くなる時間の中の宗教対立は日本では理解しにくいし、米国従属の日本ではどうしてもクリスマス商業主義などに見られるようにキリスト教感化が蔓延しているのでなお理解できない。例えばキリスト教の世界への布教は「与えに来ることはあっても学ぶことはない」を前提に世界中で行われてきた。宗教はそれぞれに正しいことがあり唯一神であると対立を生むのは必然なのだけれど、日本では理解できない。

聖書の創世記にあるように自然さえも神が7日で創った、その後の支配をするのは罪深き人間である。こんな考え方は日本やアジアには馴染まない。それがイスラムやユダヤでまた違う。そんな理解できない立場にいるからこそ八百万の神の国の民ならではの思いもあると思うのに経済宗教はびこる衰退日本では今回の事件、その後を見ても望むべく術も無いようで、全体主義がのごとく異を唱えるでもなくおとなしく羊になって独裁化している国家に従属する。

物事の熟慮が足りないからイランイラク戦争、湾岸戦争、イラク戦争とアフガン侵攻などの検証もなされていない。大量殺戮兵器は出なかった、フセインも殺された。アルカイダもソ連のアフガン侵攻後、アメリカのCIAが訓練した利用された民がアルカイダになりテロ後ビンラディンは殺害。その後の残党と欧米への反感などがイスラム国形成につながっていく。

まだ考えても終わりが見えない。空爆を繰り返しクルド人など米国が訓練し武器を供与して戦わせる。その構図はアルカイダのときと重なって見えるし、その背景には陸軍を派遣して犠牲が増えたらイラク戦争の批判に再度米国民が怒る懸念を避けてのことだ。

なのに日本は自衛隊派遣や憲法改正、ODAの拡大解釈や危険な方向に舵を向けている。8万人削減した米政府にとって実に都合がよく利用されていることを自己責任で思考を止めてしまう国民にはまったく見えていない。

将来にはアラブ系人口は世界人口の3割になる。欧州が感情的になるのは移民を受け入れ宗教上の慣習などからの対立も背景にある。でもアメリカ、イギリス以外の国では人質を解放できているのも事実。今回の「罪を償わせる」の安部の発言やオバマヤやキャメロンの賛同などを鑑みても自ら標的になることを国民に強いているのも批判されない。

殺害された人が英雄化されるのは政府にとって利用しやすいし危険なことも多いから良くないのだけれども、世界中で追悼された後藤さん自身が望んでいないと思う。ましてペンは剣より強いパワーで押すジャーナリズムでない悲惨な事実を伝え考えてもらう姿勢、後藤さんの望む訴え方が世界の共感を呼んだのではないかとさえ思う。

それなのに政府と官僚、ゆがんだ新自由主義で経済宗教に毒された国民は後藤さんが訴えたかったことと乖離している。故に日本の報道自由度は世界で60位程度にあり真実を捉え物を考えることが出来ない国民になっている、それが危険と思うまでまだどれだけの時間が必要なのかと思うと必要悪をまだまだ作り出してしまう方向に憂う。

ぜんぜんまとまらないけど腰限界 >_<


  *

腰痛日記
腰そろそろ限界、保存療法で改善が見られないので今週の検査開始を待とう!成功率は低くともこんな状態が続くなら手術いくらでもしてほしい。
[PR]
by lifecanvas2 | 2015-02-11 11:17 | 日本システムの終焉 | Comments(2)

官僚政治の王手の選挙にうんざり

ついに年末に選挙になって、あ〜こりゃ都合の良い王手だとうんざりした。官僚と言うのは実にしたたかで安倍政権と言うのは実に都合がいいし民主政権を見事に潰したとこで自民政権復活。野党も無い状態でこの選挙はチェクメイトの様なもんだ。あと3期以上欠けて上手に庶民を騙して破滅にするんだろうなって思う。
今朝のニュースに至っては官房長官が争点は、閣議決定した暴挙の「集団的自衛権でも秘密保護法でもなくアベノミクスが争点だ」と言う。こう言う事が平気で言えたりする事は民主主義が無いってことだし主権在民なんて言うのはお飾りなんだと実感する。

   *

GPIFについての番組をいつだったか見ていた。けどダメだなあとがっかりした。もう既に年金は破綻しているのは事実なんだけど国債もいずれ暴落するしどこかに転用出来る原資は無いか?と言うのが見え見えなんだけどそう言う事は報じない。過去の年金横領やずさんな問題もすっかり忘れ去られているけど、公に「サラリーマンの皆さんからの年金を運用しますよ、でも失敗してもリスク負わないのでよろしくです、本当にありがとうございます!」って言ってるのに能天気だなと思う。
「年金積立金管理運用独立行政法人」。そもそも名前がおかしい。年金は積立方式でないしそれすらも分からないのだろうか。番組では年金の種類も知らないからそこから解説だしうーむ。

   *

4月の消費税8%の使途の検証もまったくされていない。公共の場所にある「消費税は全額社会保障に充当します」と言うポスターをみると嘘つけと憤りを感じるけど世間の関心は無いみたい。これも前から書いたり関心のある友人とは前も書いたけど生活保護を削減する事から手をつけ始めると行政の意味は無くなる、その意思決定をした風潮を作ったのが政治であり官僚であり政府ならば自業自得に成る。おおよそ新自由主義に異を唱える方の文献を20年近く前から読んでいるけどいまだ日本は右か左で遊んでいるし、説明も学者ではないからメンドクサイけどこれもさぼらないで日記にしないと行けないんだろうな。自分の意見を持つ人が増えて多様であればあるほど破綻後の世の中の保険に成るのに。

選挙で争点と言えば、大臣の献金問題、辞めた大臣の任命責任。いろいろあるのに。そもそもアベノミクスなんて虚構だし成長と言うのがまやかしなのに。

と途中で諦めて、、痛い注射受けて来よう
[PR]
by lifecanvas2 | 2014-11-20 09:43 | 日本システムの終焉 | Comments(1)

ニュースの賞味期限が短すぎると感じて然りなのだ

7月までワールドカップ、何年ぶりに久しぶりに見てた。特に決勝トーナメントからの試合はどれも名勝負で世界の瞬間即興の音楽の様なプレイにため息も出るし凄いなあとサッカー熱だった。その後腰痛もあって長時間歩いたり座ったりしてると骨が圧迫されて痛みと痺れが出て圧力を解放するしか無いみたいな話で調べても有効なストレッチもイマイチなくてテレビを見る時間が増えた。

順序が違うけどいろんな事が起きた。ウクライナでの飛行機撃墜。ずっと情勢など見てたんだけどあっという間に報道から消えてしまった。広島の豪雨による広大な土石流、あれだけの範囲であったのに2週間ほどでニュースから消えてしまい胸を痛めていた。現内閣に置いては全然気にする風でもなく慰問や記者会見も無いみたいだし安倍はゴルフしてて官邸に行った後別荘に戻り夏期休暇を継続、それも報道しない、あれだけの災害なのに。それは今回の長野での御嶽山噴火にも通じる。そこに凶悪事件が起きれば報道は一斉にそっちを向いてしまう。大丈夫なんか、報道は。やっぱり駄目だなあと見てた。

イスラム国の事もなかなか報道があったりなかったりなんだしガザ地区の事も沸いたんだけどその後の報道は消えてしまう。うーん。イスラム国の衝撃の映像の前にオバマは無人爆撃機をイラクで使用した、その事は新聞には載っていたけどテレビはしない。遠隔による無人爆撃機で現地の子供達が15人以上犠牲とかそう言うのは残虐映像に載らないだけで怨恨の悪循環を作るんでないか。そう思うのです。そもそも中東を混乱に陥れたのは湾岸戦争からイラク戦争までに至るアメリカなどの思惑で振り回して来た事に触れない。もちろん日本も自衛隊を派遣したのだから責任を検証しなくてはならないのに賛同する一方的な風潮を作られている気がして仕方が無い。

なのにカジノ構想やオリンピックで沸く東京からの垂れ流し日本均一化金太郎飴報道にうんざりするのです。地方創生なんて訳の分からない言葉に騙されて嫌だなと思うし、前に書いたか消費税は社会保障充当どころか転用されまくって居るし次の増税分も20%は社会保障に回すとか言うあんぽんたんな事を平然と言い始めた。それも報道も無く大事な事は意図されて報道されないのは変わっていないんだなあとニュースにはあきれてしまう。もちろん震災なんて無かった様な浮かれっぷりを見るともの凄く腹が立つのです。川内原発再稼働とかじゃないよ、全く。大体脱原発なんか言うのも東京だし、脱されても新潟にも福島にも原発は残るんで新潟では脱原発なんか言わんでのす「反原発」ですよ。

ネガティブや負のもの。そう言うのを嫌う風潮が蔓延んしている様なんだけど目を背ける事は想像力や直感を奪うし無関心こそが無責任になって幼稚な大人だらけにしたのに困ったもんだと思うのです。思うのです。うむむ。

2つ書いたら腰が痛くなった。それも困った。さて練習しておこう。
[PR]
by lifecanvas2 | 2014-10-15 10:24 | 日本システムの終焉 | Comments(2)

国家がクーデターをすると言う事。ではどうするのか。

昨日の記者会見でまあ・・・うんざり。憲法違反を閣議決定すると言う事=「現政府によるクーデター」なんだけどデモやそんな事で済む訳がないです。抵抗し焼身自殺もあったのに中央集権メディアはそれの内容も流さず数日で抹殺する、BBCなどでは詳細に報道されていました。

この決定だけでなくいくつもの危険な法案、社会保障の削減、悪い法改正ばかりしてそれを看過して来たのは庶民つまり国民です。例えば消費税アップも駆け込み需要で社会保障に使われずそれを報道もしないし考えない。米中の思惑通り中国の挑発に乗って尖閣購入で石原のバカを支持し寄付金を14億も出しその後の用途は宙に浮いたまま監視しないバカが沢山居る。そう言う情報統制に乗せられた未熟な国民がここまで暴走させたとも言える。

憲法は国家の暴走を止め国民を守るために存在するもの。日本国憲法の制定の経由は置いておいても。しかしこう言う横暴をするのが国家であり政府や官僚と言う巨獣です、それは大昔のプラトンの国家論から言われてる事。巨獣には勝てない、公明党でさえアホな政党なんだけど戦時中戦争によって平和を破られ虐げられたのに容認すると言うお粗末さ。そもそも政教分離自体していない自公の状態が続いている先進国でも珍しい未熟な国、日本。権力を持つと宗教でさえねじ曲げられる。それは世界の歴史だし古今東西、今も続いている戦争や紛争、内戦も起因するから政教分離は世界の常識なのに。

SNSなどでミュージシャンや表現家が行動や自分の意見をもって抵抗しているけど慌てなくても良い、思う壺だもの。国家が暴走するのなら国民は従わなければ良いのだ。依存心と調和で恐れ人の目を気にする国民性は人民統制に誠に都合がいい。ずっと教育で社会に都合のいい国民を製造されて来た。おかしいな?って思っても言えない風土が蔓延し日々情報の洪水に終われ自国の食文化までも崩壊させて工場で製造された食品製品を食べている。まるでブロイラーみたいだ。。

人民統制の原則は「武器を与えない。考える時間を与えない。お金を与えない。」なんだけども、日本には民主主義などなくてずっと護送船団方式で来た。今も復活し重厚長大の中央集権で東京から地方を洗脳し価値観を均一化するまま庶民は疑問を持たない。統制されているからだけれども一部のミュージシャンやJpopなどの若い人は郷土に居ながら創作する時代、それは普通の感覚を持っていれば不思議ではない事です。

刮目して国家の暴走、転覆しつつある日本システムの終焉に向けては個人が独立するしかないんだな。自立し自律し多様性を持って自分で考える。にしても無関心は罪でありそれがこう言う功罪を生むのなら沈み行く船に乗ってる危機感を持つべきなのだ!と思うのです。

d0229242_4285672.jpg


簡単に言えば「国家なんかに従わないよ」って言うのが一番怖いのだ!そう言う意味では日本は半径数mの快適を求め子供な大人が増え過ぎた、、、自滅するんだろうな。むー

031.gif
[PR]
by lifecanvas2 | 2014-07-02 05:02 | 日本システムの終焉 | Comments(2)


リスタート。言いたい放題書いて行きます。ギターレッスンや音楽レッスン希望の人はE-Mailください。inoueworks@gmail.com。Twitterは @lifecanvasiesまで。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
多分社会は変わらない。今..
by lifecanvas2 at 05:57
> y602057さん ..
by lifecanvas2 at 04:19
楽な作業に配慮してもらっ..
by lifecanvas2 at 17:04
ギターがどうにもコルセッ..
by lifecanvas2 at 10:37
手術前もありがとうござい..
by lifecanvas2 at 10:02
こんにちは、ありがとうご..
by lifecanvas2 at 16:59
いろいろ人から聞いたりし..
by lifecanvas2 at 08:43
ご無沙汰です ^_^ 腎..
by lifecanvas2 at 07:42
いつもありがとうございま..
by lifecanvas2 at 07:22
いつもありがとうございます!
by lifecanvas2 at 10:26
外部リンク!
外部リンク
検索
ファン
フォロー中のブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧