人生のCanvas Part2 井上雄介のぼやき2



カテゴリ:原発に思う事( 28 )


制御出来ない技術の過信、広島原爆の日。

今年も恒例の広島原爆の日を想う日が来ました。
毎年載せて何年か忘れたけども最初聞いた時は涙出た。原爆と原発事故、結局は制御し切れない過信や確信犯のもとの技術なんだな。瞬時にして何万人もの命を奪う原爆はまだ世界中にゴマンとある。いままで安全だと言われて来た原発も国内にドッサリ、新潟にもある。

それなのに知ったかぶりをする人は「経済の為に原発は必要だ」と言う。それは終戦の為に広島、長崎の大勢の命が犠牲に鳴る事が必要だったの同義語に思えて鳴らない。

いまでは脱原発デモ(廃原発にして欲しいけど)がウネリを見せているけど穿った見方をする人もいる、良いじゃないか眠れる意識を何の形であれ覚ましたのだし、「経済が云々」言う輩はそれも首都圏の経済の事で地方経済は大資本などに搾取され事故前から萎んでいる。大体経済云々言う輩はスノッブな自分の為に言っている様なもんだ。

再稼動容認やデモに否定的な人は東京に刈羽原発、福島第2原発を持って行けよ。必要なんだから持って行け。

原爆の犠牲、原発事故に夜避難が16万人ほど、そんな犠牲の上に経済が成り立つならそれは共犯者だ。死んだ女の子の叫びを利いて欲しいと願うばかりです。


【死んだ女の子 元ちとせ】
http://www.youtube.com/watch?v=EmsRNQ57f1M&feature=related



わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~すれんなよ~

   あけてちょうだい 
   たたくのはあたし
   あっちの戸 こっちの戸 
   あたしは叩くの

   こわがらないで 見えないあたしを
   誰にも見えない 死んだ女の子を

   あたしは死んだの あのヒロシマで
   あのヒロシマで 夏の朝に

   あのときも七つ いまでも七つ
   死んだ子はけっして大きくならないの


   炎がのんだの あたしの髪の毛を
   あたしの両手を あたしのひとみを

   あたしのからだはひとつかみの灰
   冷たい風にさらわれていった灰

   あなたにお願い だけどあたしは
   パンもお米もなにもいらないの

   あまいあめ玉もしゃぶれないの
   紙きれみたいにもえたあたしは


   戸をたたくのは あたし あたし
   平和の世界にどうかしてちょうだい

   炎が子どもをやかないように
   あまいあめ玉がしゃぶれるように

   炎が子どもをやかないように
   あまいあめ玉がしゃぶれるように







==============================
「死んだ女の子」 詞:ナジム・ヒクメット 曲:外山雄三 梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報/ウェブリブログ

概 要
ヒクメットは1902年トルコのサロニカに生まれた。当時のトルコではヨーロッパ強国の利害関係が交錯しており、莫大な負債と不平等条約によってしばられていた。こうした政治的条件の中で、民族解放戦争が起こり、トルコの進歩的文学運動が生まれた。ヒクメットはその革命文学の旗手、指導者であった。彼の詩は終始闘いの中で書かれ、闘いを訴え、闘いを支えてきた。と同時にしいたげられる者への心からの関心と労り、闘う者への賞賛と誇りをこめてうたわれる。ヒクメットの受けた刑は判決にして50年、獄中生活は17年の長きにわたるが、彼の詩には常に明るい未来への期待と確信がうかがわれる。「死んだ少女」「雲が人間を殺さないように」「日本の漁夫」は死の灰をテーマとした三部作をなしており、わけてもヒロシマをうたった「死んだ少女」は広く各国語に訳され、原水爆禁止運動の発展に大きく寄与したといえよう。
[PR]
by lifecanvas2 | 2012-08-06 08:38 | 原発に思う事 | Comments(0)

廃炉になってから、その責任を感じてから言えよ。

GW、Lessonもちょぼちょぼしたり腰も痛くていろいろ不調だったり金欠病なのでのんびりしてた。幾人からは「GW中(南相馬)行かないの?来ないの?」ってのもあったけど無理しない、っつか出来ないからいいや。そんなのはどうでも良い。なのでTwitterもSNSなどもすっぱり断ち切ってHuluなんか見てたりしてた。

それで世の中に全く疎かったのだけれどもバスの大事故があったり散々だったらしくGW最後は国内のっ原発が42年ぶりに全部止まったそうな。うーん・・・それは良いんだけどなんだかなあ。

原発は嫌だ。稼働止めたい。止まった!万歳!と大騒ぎ、インタネット上はそれで騒いでる。これが嫌なんだ。東京原発刈羽は止まってずいぶん経つけど未だ「そのまま変わらずに原発はそこにある」と言う現実。結局馬鹿都会の騒ぐ馬鹿には新エネルギーや脱原発しとけば良いと言うアホな輩が多くて嫌になる。止まっただけで廃炉になるには40年以上かかるんでしょ?、それも決まっておらず気の遠い時間を地方はずっと我慢しなくてはならないのに。


稼働は停止万歳!。
でも停電は嫌だ、不便も嫌だ。
電気代値上げも嫌だ。 ・・・東京の言い分のエゴには底が無い。


電力消費地ってホント自分勝手だ、もう既に起きてしまった事故への申し訳ない気持ってほとんど感じていない。それも過去形でなく今も収束していない現在進行中の事故であるのに。事故により故郷を追われたり、不安な不便な生活を強いられ、将来を悲観して自ら命を絶つ農家の方も居る。とれだけ都会人の自分勝手なことか。。嘆かわしい。先月16日に解除になった福島県南相馬市小高区だって被災だけなら1年も放置されていない。そこに原発事故による放射能の警戒区域があったから、それは都会の豊かさに犠牲にされた「進行中の公害」であり被災をさらに重ねて重くした過失としてどうして猛省出来ないのだろう。

経団連や評論家などに至っては再稼働しないと電気代の高騰で国外に産業が流出すると喧伝しまくっている。以前から衰退していてなんとか政府が支えていて既に世界で太刀打ち出来ない産業なのに何を今更・・・・の感がある。原発が稼動しててもかなりの昔から国外に流出してるよ、ふざけんな。県内でも電機メーカーの工場縮小などは1年ほど経ったはず。

自然災害じゃないんだ、停電くらい計画して受入れとけよ。電気代アップも受入れとけよ、電車の本数減らせよ。全部嫌なら東京湾に原発はよ建ててからモノ言えよ。本当に!嫌になる。

んで!まず原発事故後に苦しむ生活を
している人に謝れよ!( ー`дー´)キリッ

[PR]
by lifecanvas2 | 2012-05-07 20:40 | 原発に思う事 | Comments(0)

世論形成のマッチポンプ?

今日の新潟日報1面、唖然。「原発再稼働 地元同意前提とせず 官房長官「法的義務ない」
d0229242_1192239.jpg


・・・まあ、ここまで地方軽視で来るなら法律守る奴なんかいなくなるんじゃねーのか?、地方からの内戦でも望んでるのか?とさえ思ってしまうぞ。中央支配のこんな状態もここまで来ると血圧も!あがっちまう。

「法的義務は無いから地方は従え」、こんな事わざと言ってるとしか思えないよなあ・・・。かねてから思う事にマッチポンプで世論形成をしているのではないかと勘ぐってしまう。こう言う事を言えば脱原発・反原発の声はグンと上昇する=世間に石を投げて波紋を起こす。十分国民が騒いで脱原発の声が上がったところまでで、次のエネルギシフトの準備の時間稼ぎをしているのではないかと。太陽光、風力、地熱でもなんでも良いけれどもそこまでの技術はまだ追いつかないし、それなりの負担を強いる世論は出来ていない。その為に波紋を起こして声を増大させて行く。

例えば太陽光なんて夢見たいに言われているけど、実現したら課題は沢山ある。作られた電力の売電量が多くなるほど買取価格が大きくなるので電気代は相当に上がる。その辺を憂慮してNEDOなどの太陽光パネル補助金が廃止された向きも前にある。高すぎる電気代は産業界にマイナスだからパネルを生産し潤っても全体ではマイナスとの判断。
またよく分かってない馬鹿が多いけどメガソーラーにしても送電には電力損失があるし、そんな巨大なメガソーラの地域に災害が来たら経験した事の無い感電災害が起きる。仮に蓄電技術が進歩してもそこから感電災害と言うのもあるだろうな・・・と考える人は少ないはず。

まあこの話は良いや。戻って再稼働。

脱原発を唱える電力消費地のひとはどこまで真剣なんだろう。仮に百歩譲って再稼働が強行されたとする。未だ被害で苦しんでいる福島や近県などの賠償は全く不十分で正直見ていれば東電も国も値踏みしている節さえ見受けられる。どれだけ人災を加えて行くんだよ?と。
なら再稼働なら事故が起きた場合の賠償額を基金として上乗せした電気料金を強いるべきなのではないのか?その事を消費者に問うべきではないのか?。この方法は漠然としているけど保険の様なシステムで別会計として積み立てておく。
今の賠償金額から鑑みても17%なんかの値上げ幅で済むはずも無い。でも「絶対安全」神話はもうとっくに無くなったのだからこの程度の保険は当たり前の話、それを飲める消費者はいないのが本当のところじゃないかな。

だか首都圏や大都会がどうにかなるか機能分散しないとホントのエネルギー問題解決にはなんないんだよ。これは震災以前からずっと変わらないなあ。



新潟日報社 netpark ::: 原発、「同意なしの稼働無理」と知事
原発、「同意なしの稼働無理」と知事
国主導をけん制
 全7基が停止中の東京電力柏崎刈羽原発の再稼働について、泉田裕彦知事は5日、新潟日報社の取材に対し、「地元の同意なしに稼働させるようなことは絶対にさせない」と述べ、県などが東電と結んでいる安全協定を基に、地元自治体の同意を確約させる考えを示した。国による安全確認作業で先行している福井県の関西電力大飯原発3、4号機の動きを踏まえ、再稼働を主導しようとする政府をけん制した格好。発言は今後の再稼働議論に影響を与えそうだ。

 泉田知事は「東電は同意なしに進めることはないと思う」と前置きした上で、県と柏崎市、刈羽村の3自治体が東電との間で結ぶ安全協定の活用に言及。「万が一、(国や東電が)地元の同意なしに稼働させるような動きになれば、安全協定を基に、新潟では絶対に同意を取ってもらうよう措置要求する」と明言した。

[PR]
by lifecanvas2 | 2012-04-06 11:07 | 原発に思う事 | Comments(0)

東京原発がやっと止まった、でも生きている化け物。

やっと「東京原発」が止まった。首都圏を支える電力を作ってるのが福島だったり新潟だったりするんだよ、その中でも第1は事故で爆発してしまい、第2のことは触れられもしない。同じよう数日前から地元紙:新潟日報では1面で停止までの記事が1面トップだった。
試しに久しぶりにiPhoneで産經新聞を見るとさすがに1面に停止が出ているけど、同じ列に「電力不足懸念」が書かれている。

・・・なんだかなあ。

震災や地震などじゃねーんだよ、停電なんか予測出来るし備えておけるだろう?受入れとけよ。「この1年何してたんだよ」と感情的になるよ。もちろん例えば医療機器の停電=死となるような人たちへのライフラインは堅持しなくてはならないだろうが、例えば霞ヶ関とかああ言った政治の分野は分散する準備時間もあっただろとか、文句付けたくなる。

原発事故により新潟県に避難しているひとだけでも7000人強。その中では東京での差別に堪え兼ねて噂で聞いた新潟へ来たと言うのも記事で見た。日報抄のコメントでは「同じ原発を抱える県だから思いも重なる部分もあるのか。」なんて書いてあったっけ。

先の見えない避難生活で苦しんでいる人が大勢居る。避難を選ばす不安を抱えている人も大勢居る。停電がなんだっつーんだ!、そもそも地方は賃金の安い労働力を求めて製造業来てもアジアが安いとなると海外に移転し工場も閉鎖したり「大企業の人災」は多い。

電気代17%値上げで騒ぐ東電電気利用もおかしい。地方は車必需でガソリン代は連動するけど、120円が2割アップしても144円でしょ、でも今は150円超えてるよ、ホント痛い。例えるなら電車代が2割以上値上げしたら大騒ぎするだろう?受入れとけよ。

それに停止してもそのまま原発が無くなった訳じゃない、化けもんは生きてるよ。刈羽だろうが福島第2だろうが生きている。1年前ドイツで安全に万全を期して廃炉にする作業も19年の作業を経て半分も来たかどうか分からない記事を見た。40年以上かかるってことだと、もちろん俺は生きてないだろうけど気が遠くなる時間。

それでも再稼働を唱える財界、マスコミ、政府ならば原発のあるこっちに来れば良いじゃんか。刈羽とか福島第2とかのエリアに。東京に原発は口先だけでどうせ作れないんだから電気が欲しくてたまらず、事故に寄るこれだけの人たちの生活や家族を破綻させておいて!、お前らが出向いて来い!ってなもんだ<(`^´)>。

すげえイライラするなあ。



再稼働に慎重、経済への影響は心配…柏崎刈羽(読売新聞) - goo ニュース

2012年3月26日(月)13:42
 東京電力柏崎刈羽原子力発電所6号機(新潟県)が26日午前0時頃、定期検査のため発電を停止したことを受け、新潟県の泉田裕彦知事は同日、記者会見し、安全面から早期の再稼働に改めて慎重な姿勢を示した。

 地元からは、長期間停止した場合、地域経済や雇用への影響は避けられないと心配する声も上がっている。

 泉田知事は記者会見で「止まっているから安全というわけではなく、気を抜かずに『生きている原発』として管理してほしい」と東電に注文を付けた。再稼働については「福島第一原発事故で何があったのかという未解明の点が山ほどあり、そこにふたをして前に進むことはない」と述べた。

 地元の柏崎市の会田洋市長も「今の暫定的な対策やストレステストで安全性が確認できるとは受け止めがたい」と早期再稼働に否定的な見解を示した。ただ、「産業や雇用面では影響が出る」との懸念も口にした。

 刈羽村の品田宏夫村長は「地元での雇用、国全体のエネルギーの供給といった経済面で大変影響が大きい」と話し「規制当局がゴーサインを出せば尊重する」と再稼働を容認する構えだ。

[PR]
by lifecanvas2 | 2012-03-26 15:54 | 原発に思う事 | Comments(2)

鉢呂経済産業大臣の辞任に思う事

問題発言をした時に南相馬に居たと思うのでいまいち詳細が分からん。あっちではテレビも見られないし新聞も分からんが、昨日の震災後半年の1面に載るほどの辞任報道。震災後半年を書く前にこれ書いておこう。

「死の町」と言ったらしいけど、それはあながち間違いでもないと思うんだよ。僕も地元住民でないから半径内に入れないし聞き伝いに分かる範囲だけど一時帰宅をする人の大変な声もかなり聞く。
「もうビニールハウス以上に草が伸びて大変だベ」、「警戒区域の解除を簡単に言うけどそんなすぐ住めねえ状態だ、店も無くなっているしそんな簡単じゃねえ」・・・・。

問題は死の町にしてしまったのは「誰なのか」、「何なのか」を考えないと辞任で済ませたらこの問題はこれで終わってしまう。4月中旬に僕も最初南相馬入りした際、何にも情報が無かった時は水もガソリン携行缶も準備して簡単な食料も積んで行った。それは中越地震や阪神大震災の様な倒壊を覚悟してたから(せいぜい4日間が限界だろうな・・・・)と思って向かいました。

ところが県道62号の山道を超えて着いた先はまずコンビニがほとんどものが無かったけど開いていた。だけども人影はまばらで夜なんかはどこに人が住んでいるのだろうと思うほど街から家から団欒の電気が消えていた。いまでは分かる様に今回の震災の大きなものは津波が大きいので頭で上手く理解出来ず(・・・・・どう言う事なんだこれは)とクラクラしていた覚えがある。

思うに大臣の言葉はこの辺の率直な感情から出てしまったのではないかと。もちろん就任前に一議員として視察に入っておけば無かった発言だろう。そう言う意味では援護出来ない。でもその発言に対し福島駅前でコメントをもらう報道の姿勢はどうなんだろう?。なんで大熊や双葉、浪江、南相馬では無いんだろう?。

次に「放射能をうつしてやる」と言うのは及び腰なマスコミへの当てつけだとしたら・・・。最近ではマスコミもよく来るけど春頃まではフリーのジャーナリストや外国の報道関係しか来ていなかったじゃんか!。特に半径内はさっぱり分からんし原発事故も東電の発表任せではジャーナリズム自体が日本に存在するのだろうか?。放射能が移ることは無いが報道関係者がまず行くべきではないのか?多分そこに業を煮やす人は多いだろうし、地元の人の気持も同じだ。お涙頂戴やそう言う報道は要らんのだ、事実が欲しいのだ。

======
辞任でこの問題に蓋をする。その事に寄って誰が得をするかよく考えた方が良い。国、東電、官僚、原発利権を目論む財界や経団連いろいろあるじゃないか!。死の町を作った、町を死なせたのは誰なんだ!何なんだ!

同じ「東京電力」刈羽原発のある新潟県からその辺は凄く怒っているんだ、我が家の本部長三冬どのも怒ってるぞ!
emoticon-0130-devil.gif

d0229242_4542445.jpg

[PR]
by lifecanvas2 | 2011-09-12 04:55 | 原発に思う事 | Comments(0)

【死んだ女の子 元ちとせ】今は国難だ(。+・`ω・´)シャキーン☆

今年も恒例の広島を想う日が来ました。一日遅れですが、今年も載せておきます。

【死んだ女の子 元ちとせ】
http://www.youtube.com/watch?v=EmsRNQ57f1M&feature=related


わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~すれんなよ~

   あけてちょうだい 
   たたくのはあたし
   あっちの戸 こっちの戸 
   あたしは叩くの

   こわがらないで 見えないあたしを
   誰にも見えない 死んだ女の子を

   あたしは死んだの あのヒロシマで
   あのヒロシマで 夏の朝に

   あのときも七つ いまでも七つ
   死んだ子はけっして大きくならないの


   炎がのんだの あたしの髪の毛を
   あたしの両手を あたしのひとみを

   あたしのからだはひとつかみの灰
   冷たい風にさらわれていった灰

   あなたにお願い だけどあたしは
   パンもお米もなにもいらないの

   あまいあめ玉もしゃぶれないの
   紙きれみたいにもえたあたしは


   戸をたたくのは あたし あたし
   平和の世界にどうかしてちょうだい

   炎が子どもをやかないように
   あまいあめ玉がしゃぶれるように

   炎が子どもをやかないように
   あまいあめ玉がしゃぶれるように







==============================
「死んだ女の子」 詞:ナジム・ヒクメット 曲:外山雄三 梅丘歌曲会館「詩と音楽」 更新情報/ウェブリブログ

概 要
ヒクメットは1902年トルコのサロニカに生まれた。当時のトルコではヨーロッパ強国の利害関係が交錯しており、莫大な負債と不平等条約によってしばられていた。こうした政治的条件の中で、民族解放戦争が起こり、トルコの進歩的文学運動が生まれた。ヒクメットはその革命文学の旗手、指導者であった。彼の詩は終始闘いの中で書かれ、闘いを訴え、闘いを支えてきた。と同時にしいたげられる者への心からの関心と労り、闘う者への賞賛と誇りをこめてうたわれる。ヒクメットの受けた刑は判決にして50年、獄中生活は17年の長きにわたるが、彼の詩には常に明るい未来への期待と確信がうかがわれる。「死んだ少女」「雲が人間を殺さないように」「日本の漁夫」は死の灰をテーマとした三部作をなしており、わけてもヒロシマをうたった「死んだ少女」は広く各国語に訳され、原水爆禁止運動の発展に大きく寄与したといえよう。
[PR]
by lifecanvas2 | 2011-08-07 05:24 | 原発に思う事 | Comments(0)

「南相馬市交付金辞退」情報統制に騙されちゃ行けない。

昨晩からTwitterは新聞紙各社はこの報道ばかり、

「南相馬市、電源交付金5200万辞退…脱原発で」〜一番下に新聞記事

もう一回注意を喚起してみる。原発事故以降、収束もしていないのにこの日本、国民の混乱ぶりはどうなんだ?、思い出してみると最初は「賠償額4兆円」「発送電分離」「炉心融解」「炉心陥没」その後「牛肉稲わら検出」などで騒いで今はこれだ。アホども落ち着け、しっかり考えろ。これは反原発、脱原発の世論をジックリ形成しその間に官僚、財界などの利権が虎視眈々と情報洗脳しているに過ぎない。

「市民を守る英断!」の声、冗談じゃない。生活保護打ち切りをしたのはどこだ、お墓に避難します!=おばあちゃんの自殺はどこだ?、原町2中の避難所に今だ水を配給しないのはどこだ?、この事態に及んで避難区域を解除しようとしているのはどこだ?。キリが無いだろ。これは桜井市長の判断なのか、以前に書いた内閣府から送りこまれた副市長の判断なのか分からないけれども「市民を守らず国内に対してのイメージ作り」に躍起になっている実態なのに、在住の市民の安全を無視に讃える声が多くてうんざりする。

いま南相馬市は放射能のニュースとしてシンボル化されているのが危険だ。実際は浜通のこの辺りよりも国道4号や東北道の福島市、郡山市などが南相馬市よりも線量が高くなってしまっていると言う現実。このニュースを英断だ!と讃える奴は分かっているのか?。その事態に対してあまりにも大きい都市なので区域の再設定=避難準備なども福島県は明確な姿勢を打ち出せず県民を安全から守っていない。つまり悪評高い佐藤雄平知事は県民の安全を守るリーダーシップを発揮出来ないのだ、現に地元紙の福島民放に前佐藤知事のインタビューが全面に載ってしまう事からしても失望感が分かる。

脱原発、反原発の方向は流れとしては賛同するけど地に足の着いていない馬鹿が多過ぎる。これからの建設予定なぞ全部凍結で当たり前だろう。大体未だに新潟県には「東京電力刈羽原発」がある、どうしてくれんだよ!。既存にあるものの廃炉の方が大事で、それはもの凄く気の遠くなる時間を要する。

また建設されていないものを辞退して英断の多くの声。

寝言はいい加減にして欲しい。シンボル化されてしまった南相馬市在住の市民は市の無策ぶりによりストレスで苦しんでいる。ホールボディカウンターでさえも鳥取からのレンタルで3か月、一日40人が最大で子どもも順番待ちだ。それでも住み続ける人はいるし、仕事が始まりやむを得ず戻る人もいるし、人口7万人だった街は今およそ3万3千人ちょっとが戻ってると聞いた。生活には十人十色、みんな事情があるので一概に言えないけど自治体の大事な責務は「住民を守る!」事だ。

それをおざなりにしてのパフォーマンスをしているなら南相馬市桜井市長は棄民の確信犯とも言える!、それだけ住民の不信感は強い。





南相馬市、電源交付金5200万辞退…脱原発で : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
東北電力の新規原発建設計画を巡り、立地自治体として電源立地等初期対策交付金を受けていた福島県南相馬市は、今年度分約5200万円の申請を辞退する方針を固めた。


 同市は脱原発を表明しており、新規建設に反対する立場から判断したという。東北電力では、同市小高区と同県浪江町に、浪江・小高原子力発電所建設を計画しており、着工は2016年度、運用開始は21年度を目指している。ただ、東京電力福島第一原発関連で受け取っている原発施設等周辺地域交付金の今年度分5500万円については申請する方針。

(2011年8月5日01時37分読売新聞)
[PR]
by lifecanvas2 | 2011-08-05 06:44 | 原発に思う事 | Comments(0)

除染の作業は無償労働で良いのか。

昨晩新潟NHKのニュースを見ていた。震災後4か月が過ぎているけれども新潟県では多くの避難者を受入れているので「福島ダイジェスト」のニュースがいつも流れる。地元新聞紙もそう。なので全国NHKに切り替わると温度差というのかその差について行けない。

昨晩は気になるニュースがあった。南相馬での「プールの除染作業をするボランティア」。あの青い帽子をかぶって現地で網戸作戦を手伝ってくれたやつの顔も見えた。僕も、前々回にラーメン屋のおっさんからふと頼まれた線量の高いとこは行ってみました。2階の雨どいの草の生えてしまったところに3.6uSVはあったかな、とみちゃんと草を抜いてタワシで磨いて水で何回も流したら1.3とかその辺まで下がった。
d0229242_783863.jpg

d0229242_781265.jpg


その辺は現実の調査と把握、どうすれば良いのかの問題意識を持つ事にあって、僕の場合は積極的に汚染(被曝)する事によって今後、人体にどのような影響が出るのか医学データを取り、将来の子どものために記録を残して欲しい。「放射能病」と言う病名は無いのだろうし、この隠蔽体質の国、東電、財界の利益構造の下では、疾病は様々な形で現れもみ消されるのだろう。今後20年40年60年とかかるのであれば検体っつーかデータになれば良いもんだ(。+・`ω・´)シャキーン☆。

ところが公的組織の強いVCが除染作業までしてしまう・・・と言うのは空気が異なる。確かにサテライトで通う児童のために除染の作業は火急の課題だけれども「本来は東電の責務」、そこを考えると複雑な気もした。問題は簡単で「除染に関わるあらゆる作業は全て東電に請求する!」と言う姿勢を絶対に崩さない事だ!。

牛肉の問題で大騒ぎしながら警戒区域を解除する。現地ではその矛盾に憤っているひとが沢山居る。その事に多く「井上さんどう思う?」って聞かれるんだけど、なんとなく推測しか出来ないけれど、東京電力の筆頭株主2位3位は大手生保だ。まず株が大暴落して大きな損失を計上、そしてこの4か月の間に巨額の支払になるであろう支払額を恐れ根回ししている事は十分に考えられる。

当初言われた「賠償金4兆円」の話をもう一度蒸し返す時期が来ている。僕が単純に考えても10兆は軽く超える。それが今回の会津坂下の畜産まで影響されるのであれば20兆円は超えるのではないか?。細く長く冷静に考えて行く必要がある事をあらためて思います。

気合いの!
(。+・`ω・´)シャキーン☆
[PR]
by lifecanvas2 | 2011-07-20 07:21 | 原発に思う事 | Comments(2)

お墓に避難し自ら命を絶った93歳のおばあちゃん。

昨晩11時頃このニュースがTwitterを一部で走った、直接的にも間接的にも自殺の話は現地で聞いているのでデマでないと直ぐ分かった。怒りが込み上げ一部の支援仲間と黙祷をし、やり場の無い怒りをお互いにどこに原因があるかずっと話してた。

   *

いつの頃から心の中に気をつけていた事がある。現地に行くと放射能にやはり不安ながらも生きるひとたちが大勢居る。一概に避難とも言えないのだ、市役所や東電との交渉もあるし、仕事も再開している人もいる、人の数だけ事情がある。行ってみて気付いたのは福島の女性は大らかでラテン系で関西風のノリですらある。若い女性からおばちゃん、そしておばあちゃんまで!、一気にファンになったなあ。

しかしだ!どこかで見えない放射能に対して不安があり余りにもの情報の少なさに、疲れきっている。市の情報も当てにならないし子どもたちを守ろうともしない。これでは桜井市長はYoutubeの頃は良かった!と思うが、今では「税収を狙う棄民政治」ではないか!。4月の際なら穏やかで震災を経験した事の無い自治体と言うことで分かる。しかしもうすぐ4か月、ここまでの無策ぶりは酷い。昨日の現地から栃木に避難した仲間に聞くと内閣から副市長が4/20に送り込まれている、その彼から教えて頂いたのだ。

d0229242_6373582.jpg

http://www.soumu.go.jp/main_content/000111507.pdf#search='南相馬市%20副市長

つまり沖縄振興局というのは例の米軍置いて補助金出すから勘弁してねと言う中央利権の固まりであるところ。米軍を「原発」に置き換えて読めば誰でもが分かる事。つまり徐々に金漬けにして行くから政府に従えと言う構図が見えて来ないか?。つまりここに訴訟を起こされ、制御が効かなくなるから利権を握る団体から非常に困るのだ。現に東電の株主の筆頭に大手生保もいるしメガ銀行も名を連ねている。南相馬市が放射能の汚染のシンボルの様に語られるが、実際は中通の福島や郡山が高かったりするしそれはプルトニウムなどは公表していないから、世界が言う様に「日本は北朝鮮、リビア以下だ」と言われても仕方が無い。リビアに至っては政府に雇われた人間の盾を米軍を始めとした各国が攻撃をしている、それに日本も震災後賛同の意を表している。

脱線。
    *

93歳のおばあちゃんの自殺。もの凄く報道があるだろうけど同乗などで悲劇のシンボルにしては絶対行けない。何故ならばこれは「東電、政府、市長による殺人である」からだ。戦争を経験し、温暖でのんびりした本当に良いところで生活して来たおばあちゃんの苦しい決断、それを迫ったのは明らかに殺人であり、再度起きればもう市の市民を守らない姿勢と言える、「税収のためなら人の死をも看過する確信犯自治体」とモンスター化している。

知った現地の人では3階の公営住宅から飛び降り自殺の光景がトラウマになっている。僕を頼ってテントに来たかたは「いままでアルコールなんて飲まなかったのに・・・・最近は飲まないと眠れないんです」と顔は優しいオジサンなのに疲れきって憔悴している。ちょっと諍いのあった地元ボラのサーファーの彼も僕は責めている訳では無い、津波で惨劇を観たのを知っているから。もうホント書くのにキリが無いんです。網戸工事をしながらも毎日喧嘩があった。だから火事見舞い=支援活動では常に笑顔と冗談とユーモアをホント心掛けている。「被爆しに来たんだよ!被曝婚活なんだだよ。放射能なんぞ飲み込んでゴジラに返信する」とかブラックユーモアも毎日不安になる人の元気になる!。でも僕は専門家じゃないからその時の一緒に大笑いしか出来なくて無力だ。

なのに心のケアは1件しか開業していない。それにあの場所では噂は直ぐ広まる小さい町なのであの駅前の小さい心療内科に行くのをためらう人もいるだろう。JMAT=医師会、看護協会などがこの状態を看過しているならこれは殺人幇助と言っても良い。一刻も早い心のケアの支援を!

無関心なやつの(」`□´)」< 人殺しぃいいいいいいいいいいいいいいい!東電、政府、市長、医師会、無関心な奴!

====================
もう以下の様に毎日新聞に載っているのでデマではない。
東日本大震災:お墓にひなんします 南相馬の93歳自殺 - 毎日jp(毎日新聞)
 「私はお墓にひなんします ごめんなさい」。福島県南相馬市の緊急時避難準備区域に住む93歳の女性が6月下旬、こう書き残し、自宅で自ら命を絶った。東京電力福島第1原発事故のために一時は家族や故郷と離れて暮らすことになり、原発事故の収束を悲観したすえのことだった。遺書には「老人は(避難の)あしでまといになる」ともあった。

 女性は同市原町区の静かな水田地帯で代々続く田畑を守り、震災時は長男(72)と妻(71)、孫2人の5人で暮らしていた。長男によると、以前から足が弱って手押し車を押していたが、家事は何でもこなし、日記もつけていた。

 第1原発の2度の爆発後、近隣住民は次々と避難を始めた。一家も3月17日、原発から約22キロの自宅を離れ、相馬市の次女の嫁ぎ先へ身を寄せた。翌日、さらに遠くへ逃げるよう南相馬市が大型バスを用意し、長男夫婦と孫は群馬県片品村の民宿へ。長距離の移動や避難生活を考え、長男は「ばあちゃんは無理だ」と思った。女性だけが次女の嫁ぎ先に残ることになった。

 4月後半、女性は体調を崩して2週間入院。退院後も「家に帰りたい」と繰り返し、5月3日、南相馬の自宅に戻った。群馬に避難している長男にたびたび電話しては「早く帰ってこお(来い)」と寂しさを訴えていたという。

 長男たちが自宅に戻ったのは6月6日。到着は深夜だったが、起きていて玄関先でうれしそうに出迎えた。だが緊急時避難準備区域は、原発事故が再び深刻化すればすぐ逃げなければならない。長男夫婦が「また避難するかもしれない。今度は一緒に行こう」と言うと、女性は言葉少なだった。「今振り返れば、思い詰めていたのかもしれない」と長男は話す。

 住み慣れた家で、一家そろっての生活に戻った約2週間後の22日。女性が庭で首をつっているのを妻が見つけ、長男が助け起こしたが手遅れだった。

 自宅から4通の遺書が見つかった。家族、先祖、近所の親しい人に宛て、市販の便箋にボールペンで書かれていた。家族には「毎日原発のことばかりでいきたここちしません」。先立った両親には「こんなことをして子供達や孫達、しんるいのはじさらしとおもいますが いまの世の中でわ(は)しかたない」とわびていた。

 奥の間に置かれた女性の遺影は穏やかに笑っている。近所の人たちが毎日のように訪ねてきて手を合わせる。「長寿をお祝いされるようなおばあちゃんが、なぜこんな目に遭わなければならないのですか……」。遺書の宛名に名前のあった知人が声を詰まらせた。葬儀で読経した曹洞宗岩屋(がんおく)寺前住職、星見全英さん(74)は「避難先で朝目覚め、天井が違うだけで落ち込む人もいる。高齢者にとって避難がどれほどつらいか」と心中を察する。

 取材の最後、長男夫婦が記者に言った。「おばあちゃんが自ら命を絶った意味を、しっかりと伝えてください」【神保圭作、井上英介】


原文◇女性が家族に宛てた遺書の全文
(原文のまま。人名は伏せています)

 このたび3月11日のじしんとつなみでたいへんなのに 原発事故でちかくの人達がひなんめいれいで 3月18日家のかぞくも群馬の方につれてゆかれました 私は相馬市の娘○○(名前)いるので3月17日にひなんさせられました たいちょうくずし入院させられてけんこうになり2ケ月位せわになり 5月3日家に帰った ひとりで一ケ月位いた 毎日テレビで原発のニュースみてるといつよくなるかわからないやうだ またひなんするやうになったら老人はあしでまといになるから 家の家ぞくは6月6日に帰ってきましたので私も安心しました 毎日原発のことばかりでいきたここちしません こうするよりしかたありません さようなら 私はお墓にひなんします ごめんなさい

[PR]
by lifecanvas2 | 2011-07-09 04:35 | 原発に思う事 | Comments(0)

原発問題の質問:過去の経験をぽつりと。

http://www.youtube.com/watch?v=g7kEWjT7tvY&feature=youtube_gdata_player


Twitterでエジプト革命を追いかけた頃知ったのが、この上関原発だった。あれが今年の初頭、皮肉にも311に日本で原爆でない放射能災害が起きてしまった。この事に関して僕なんかでいいのか分からないけどある方から意見が欲しいとの相談。思いつくまま書いてみる。
  *

新潟には相当昔「巻原発賛否騒動」があった。若い人は知らないと思う。住民投票まで行き、賛成派を増やすため実弾(現ナマ)まで飛んだ酷いものだった。その巻町は合併で僕の住むここから10kmちょっとかな、多くの揉めた末なんとか撤回出来た。決して新潟が豊かじゃない時代、どうして撤回出来たのか不思議だし当時、見習いで働きつつ反対ライブなどを決行していた10代だったと思う。家にヤクザまがいの脅迫電話が来たのを思い出す怖い時だった。※1

原発には様々な利権が飛び交う。電源三法交付金を始め地元に豪華な公的施設。それは地元の生活の豊かさでは無く建設業、土地成金、雇用様々な餌を釣り地元の思考力をなくして行く。

この動画にある様に最初反対したりし始めたりすると町が混乱し二分化して行く。お金を選ぶもの、安全な守って来た土地を守りたいもの、ドンドン対立は深まり泥沼になってゆき培って来たお互いさまのコミュニティも破壊される。

ここで癌や健康の問題が触れられているが、例えば刈羽原発の超高圧送電線下の元で発ガン率が高い事は余り知られていない、僕も柏崎住民から聞かされたのは15年ほど前の事。そう言う意味でも今回の事故がなくても相当な知られない犠牲者が利権のために亡くなっている。

巻原発闘争の頃に話を戻せば、土木王国新潟の悪名に恥じない自民党推進の原発推進策。東北電力も知人の通夜の席で名刺と推進パンフレットを配る狂気の人間っぷり、もの凄く怒った記憶を思い出す。

Twitterでもなんでも前から書いているけれどもこれは大きな利権の構造で護送船団方式で来た日本の共産型資本主義構造他にならない。一時期太陽光の普及を目指したNEDOの補助金も結局、買電が増えると=電気代上昇=経済界の不利益で頓挫した。そう言う経緯も知られていないし平岩東電社長が経団連の会長だった時もある。

過疎地の衰退を狙いをつけてそこにつけ込めば出来て来た原発。米国からの2発の原子爆弾だけでは無く、自国のもので放射能汚染をするという高度経済成長の犯罪はもうここで止めないと、数年以内に次の震災が来る、日本列島が全部汚染されても仕方ないのにその想像力を持たない人が多い。

ではエネルギーはどうするか、簡単な事なんだ人口過密を解体すれば良い。肥大する大都市を支えるにはもう無理だしメガソーラーなんぞ馬鹿げる。送電分離も送るうちの電圧降下によるロスを考えれば無理だし、前に書いた様、送電線の下に住む人は癌で死ぬ。この日本の虚構の富は犠牲の上に成り立っている事をこの機会に学ばないと犠牲者が浮かばれない、東北然り、原発立地券然り。加えて言えば産業構造然り、派遣切りや海外進出の中で自殺者3万人が十年以上。根本の原因は全て同じである。


「起きながら眠っている馬鹿」がいかに多いか今見ていても嘆きたいほど多い。



=====

※1 巻原発の反対派のリーダー的存在のMさん、そして刈羽に関わってたHさんは友人です

※2 エジプト革命で盛り上がってたモーリーロバートソンは、Ustで話をずらし「使用済み核燃料で地域おこしをすれば良い」に僕はもの凄く反論した。彼の熱烈なファンからはTwitterで散々の嫌がらせを受けた。311以降彼はそれを恥じるかの様に地味に核心に触れない様にしている。それはそれで困ったもんだ。
[PR]
by lifecanvas2 | 2011-06-08 21:49 | 原発に思う事 | Comments(2)


リスタート。言いたい放題書いて行きます。ギターレッスンや音楽レッスン希望の人はE-Mailください。inoueworks@gmail.com。Twitterは @lifecanvasiesまで。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
多分社会は変わらない。今..
by lifecanvas2 at 05:57
> y602057さん ..
by lifecanvas2 at 04:19
楽な作業に配慮してもらっ..
by lifecanvas2 at 17:04
ギターがどうにもコルセッ..
by lifecanvas2 at 10:37
手術前もありがとうござい..
by lifecanvas2 at 10:02
こんにちは、ありがとうご..
by lifecanvas2 at 16:59
いろいろ人から聞いたりし..
by lifecanvas2 at 08:43
ご無沙汰です ^_^ 腎..
by lifecanvas2 at 07:42
いつもありがとうございま..
by lifecanvas2 at 07:22
いつもありがとうございます!
by lifecanvas2 at 10:26
外部リンク!
外部リンク
検索
ファン
お気に入りブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧