人生のCanvas Part2 井上雄介のぼやき2



<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


メモ

しばらく現場が続いてたんだけど20年近くぶりの空気管張り。それも高所作業車ではなくタワーで張って行く。ヘルプ!の連絡もらった時は「タワーか久しぶりだなあ。。」なんて軽く考えてたんだけど甘かった、、。若かりし頃より体重は30kgほど増えてるしタワーは押す方だったんだけど鉄骨と言うかパイプに登り付いて作業するのに身体の重いこと重いこと。タワー組んだりも久しぶりのせいか、、歳のせいか、、怖いし。気分は若いままでもやっぱり時の移ろいと言うのは侮れない。

そんあ重いメタボちゃんが昇り降りを繰り返せば握力や至る所が筋肉痛。や〜へばったへばった。最初は設計の張り方に揉めてらしくCAD上で設計したメーカの現場を知らんわかもんさんの張り方で、あれでしてたら恐ろしいほどの作業だった、、まだ終わってないし無理だよあんなの。ほんと最初に揉めておいてくれて良かったし助かった。現場知らんでCADでささっと書かれてはたまらん。そう言う事も世代交代の時代なのか、、、昔の設計さんはそう言う事まできっちり考えてとかあったみたいだけど流れなんだろうな。まあ現場の意見を入れてもらってホントに助かりました。

 *

手がこわばって文字打つのも大変だしギターなんぞ無理な日だった。手がドラえもん化してた。でもiPhoneで面白いゲームを見つけてGalaxy on Fire2にハマった。前から有名そうだけど面倒そうでやってなかったんだけど、気分はスターウォーズ!ファルコン号が出てくれば最高だなあ。なのだけれどもiPhoneは文字が小さ過ぎてもう最近シンドイ。老眼鏡大活躍なんだけどiPadでは初代ではもうパワー不足なのかよく落ちる。SNSの通知でも落ちる。

物語が壮大だったりミッションを一つ一つクリアし星系同士の問題があったり設計図をルートから買って部品をいろいろ揃えると完成して行く。確かに宇宙好きとかSFX好きとかそう言うのにはハマる。主人公は宇宙を旅する一匹オオカミなんでハンソロと来ればファルコン号が良いなと思うんだけど。

 *

そんな最中東京原発福島1の電源喪失もあって何やってんだか分電盤じゃないのに配電盤にネズミ?。ネズミによる電気事故なんか何十年前の話だし配電側って高圧の600とかその上の世界じゃないのか。あれだけ国から東京電力に資金を投入して発表は東電任せでこんな国で原発によるエネルギーとか再稼動なんか当然あり得ない。
ちょうど去年の秋頃か(次の事故は人的ミスで起きるんだろうな。。)って思ってたの。実際 原発廃炉作業員の求人は16~20万ちょっととかホント安い!。除染の危険手当が払われてないの話が報道されて皆無になったし。
まあ自民政権で安倍政権じゃ何やっても昔通りの既得権益、官僚と経済界の思惑通りだからなんだかな、もう駄目だなあと言うのが日々。「全く期待出来ない」ことが期待通りなんで残念だしうんざりです。石原環境大臣もなにしてんだか、PM25とかで騒いでんじゃねーよ、まあ親が阿呆だから子も阿呆なのか。

 *

南海トラフ地震の被害予測も220兆円と言う額ばかりが目立ってウンザリだった。まずは命なんじゃ無いか経済市場主義のこの国はなんかオカシイ、かなり前から随分おかしくそれを誰もがオカシイと思わなくなっている。220兆円!こう書けば公共事業は大義名分でどんどん進むしあれだけの被害を受けた東北の基盤の復興がさらに置いて行かれる。現に小高のライフラインも復旧してないのに。次は波江とか言うけどそう言う無策のまま解除してもその絶望感は余りにもデカいのにわざととしているんだろうか。そう言う事を置いておいて大震災の生活基盤の復旧は置いておいて、220兆円の防災対策にはやっていく!と言うことなんだろうな。自民政権、官僚、財界のやつららしいやりかただ。

 *

最近TEDを見てる。納得もできたりチト待てよとかもあったり良い。SNSに時間採られるよりもいい感じもするし日本に置けるデザインの語彙は余りにも狭義だしテクノロジーに関するIT革命もどうしようもない。エンターテイメントにおける創造性などのこの蓄積も大したもんです。米政府や行き過ぎた資本主義に警笛を鳴らし気付いている米市民がいると言うもあの国は底力だなと思うんだけどTPPに安易に参加する様ではもう駄目だ。あんなの当の米国では全然ニュースにもなってないよ。


考え事もまとまらん。です。いつもだ。不調だな、。三冬どのはまだ卵産んでます、とほほ。
[PR]
by lifecanvas2 | 2013-03-22 17:32 | 生活 | Comments(2)

まだ2年

3月11日「まだ」2年なんだ。朝起きて祈ってなんか知らないけど線香もして静かに祈りました。前向きとか悲しみ乗り越えるとか頑張るって日本人に響く好きなことなんだろうけど遺族の人はどうかなと常々思う。それは報道や受ける側の勝手な希望であって、全然関係ないのに強いる様な報道が多いんだな。先日もある電話をもらって「パチンコ屋さんが満員ってニュースで恥ずかしい、、」ってのを聞いたけどそれはそれで別に全然構わないのに。パチンコ行ける元気があるとかそう言うので良いじゃん、仮設住宅があれだけあり悲しみや苦しみで出てこない人もいるだろうに。。
ボランティアと言うかそう言うのにも目くじらするのが多いんだ、自分たちはわざわざ遠くから来て頑張ってんのにパチンコ満員で!と言う様な何だろうけど全然関係ないだろ。同じ様な感覚なんだと思うけど「全く分からんしそれはパチンコ満員でもそれで良いんだよ」みたいな話で「そっかそれもそうだよね」見たいな話になった。上手く言えないけど自分たちの希望を押し付けるのはうさん臭い世の中だ。

脱線。

まだ2年目の今日は節目であって明日から悲しみが消えると言う訳でも無いし。法要が終わってなんか寂しくなるとかああ言う感じの何百倍なんだろう、、、。今年中学卒業するはずだった子どもさんもいる。遠い空の向こうなんだけどなんと無く線香の匂いで現実感が増すなあ。。

底冷えのする寒い日です、暖かい格好して現場行こう。2年前を思い出すようかの寒さです。
[PR]
by lifecanvas2 | 2013-03-11 07:14 | 東日本震災 | Comments(2)

Dexter's tune またもやギターらしく無い好み

テレビは嫌いなので新潟610で藤嘉ちゃんが居なくなってしまってテレビ無しの生活のまんま。まあ全然困らない。んでHuluを契約していると先週だったか見たのが映画「レナードの朝」原題が"Awakenings"で「目覚めが複数形」になってるとこも伏線が。またいろいろ問題も含んでてハッピーエンドでもないしこの頃のデニーロの出演作はシニカルと言うか世の中を皮肉るものを選んで出演してた気がする。「ミッション」とか「真実の瞬間(とき)」だったかな。
まあ良いや、ついこの間と思ったらもう随分昔の映画なんだ。。。20年以上も経ってら。

 *

んで改めて見たらこの印象的なシーン。

女の子はペネロープ・アン・ミラーっつって当時個人的に大ファンだったんだけどびっくらこいたのが音楽!とってもシンプルだけどよく作曲されてる。よく考えれば、その頃はやっとJazzに興味もった頃で聞いても分かんなかったんだろうな。

今は便利でちと調べたら「Dexter's tune」と言ってRandy Newmanの作品です。映画の中でも病院の患者役でデクスターゴードン(サックス奏者です)が出てくんだけどピアノも役で弾いてる姿もあって、、彼自身を主役にした映画は「Round Midnaight」があるけど。

脱線。当時聞いてもよく分からなかった曲が最近分かる様になって来るのもあってこれもその一つ。分数コードの低音の移ろいとクラスターなどで9thなどの音をぶつけ微妙な響きを美しくだし、曲の構成でクリシェなどが引き立ったり、ルバート的な演奏も素晴らしく良い。iTuneで買ってしまいました。なのでふと思うと良く聞いている。ずっと音楽聴きたく無いのにちょうどいい感じにハマってます。

よくLessonでぽろぽろ弾いているのを生徒に聞かれたりするけどそう言うのは案外単純なコード進行で上下左右前後ろ強弱重い軽いとかぶつけたり内声を動かすとどうなるんだろ、、とかなんかへんてこなこと考えてる。んでいろいろなものも手を付けてそのままだけれどピアノ曲の発想はいろいろインスパイアされる。

今回はギターで採ってみたりキーボードでピアノ音源で採ってみたりしてそれをまたギターで考えてみる、、思いついたらいろいろ試行錯誤。譜面はまだ起こしてないけどそう言う作業を半年とかやってるとなんか上手く言えないけど思いつかない発見や閃きもあるし身体や音楽性に徐々に染みて来る。なんだったけかな前のケニーカークランドのも途中だしまだ他にあった気もするけど。。

ギターって楽器はコードを押さえてジャン♪ジャン♪って弾くのが楽しいだろうしハードロックの様に弾きまくる!イエーイ!見たいのが最高っ!って世の中はそうなんだろうけど個人的にはあんまり興味は無くて。他の動画でも鉄弦アコースティックのソロはあったけどそう言うのともちょっと違って。ピアニスティックな楽曲を、そのイメージやエッセンスをガットギターで落し込むと言うのは誰のためでもないけどじんわりじんわりゆくりゆっくり。そう言う日頃の積み重ねを踏まえて、実際はいざ!即興、、、っても実際は溝が遠過ぎてまだまだ。

まあメモ書きだけど、ギター音楽はほとんど聞かないけどふと昔の映画を見て再度こう言う美しい儚い小品を聞くとグッと来て良かった。

タイトル通りJazzの和声を意識作りしたのか?RandyNewman。だからJazz演奏みたいのもあるんだけどあえてチェロやオーボエの編曲によるこれが個人的には凄く良かったです。セコビアが選んだソルの練習曲を弦楽四重奏にしたあの雰囲気を思い出してグッと来た。


いつもの答えになってるだろか、、まあ良いや!ポイっ(๑•̀д•́๑)キリッ!
[PR]
by lifecanvas2 | 2013-03-05 18:25 | ギターと音楽の教室 | Comments(0)


リスタート。言いたい放題書いて行きます。ギターレッスンや音楽レッスン希望の人はE-Mailください。inoueworks@gmail.com。Twitterは @lifecanvasiesまで。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
多分社会は変わらない。今..
by lifecanvas2 at 05:57
> y602057さん ..
by lifecanvas2 at 04:19
楽な作業に配慮してもらっ..
by lifecanvas2 at 17:04
ギターがどうにもコルセッ..
by lifecanvas2 at 10:37
手術前もありがとうござい..
by lifecanvas2 at 10:02
こんにちは、ありがとうご..
by lifecanvas2 at 16:59
いろいろ人から聞いたりし..
by lifecanvas2 at 08:43
ご無沙汰です ^_^ 腎..
by lifecanvas2 at 07:42
いつもありがとうございま..
by lifecanvas2 at 07:22
いつもありがとうございます!
by lifecanvas2 at 10:26
外部リンク!
外部リンク
検索
ファン
フォロー中のブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧