人生のCanvas Part2 井上雄介のぼやき2



<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


出張週間のめも日記

気がつけば5月ももう終わりに近く暑くなって来た、出張週間で金曜に戻ったら三冬どのが喜んで飛び出て来た。相変わらずギターに潜り卵を温め続けているけど日光浴はさせないとビタミンなんとかが欠乏すると言うので昨日今日と日光浴。これは世話を頼めないしなかなかカゴに入れるまでがひと苦労。好物のオーツ麦で今日は騙されてくれました三冬どの。

  *

出張中いろいろ気になった事があるんだけどiPhoneでは打つのも面倒で旅館に「ソフトバンクwifiスポット」が貼られてたので期待!したのにiPadでは「有料wifiスポット」だったので凄く残念。ギターもしばらく出来ないから宿題と言うか少しは課題のために若い時分かんなかったケニーカークランドのインプロの譜面をアナライズするのに持って行ったんだけど飲んで少ししか進んでない。GarageBandのピアノで確認しながらで十分。

  *

なんともやるせない気持になるのは橋下あほの発言もそうなんだが、乙武さんの入店拒否をTwitterで知って「乙武」で検索するとこの世は悪意に満ちている事満ちている事、陰鬱な気分になった。彼の本「五体不満足」も読んだことないし世の中が理解しやすい障害者像と言う感じで思ってたんだけど2階に店を構える店主からの入店拒否。このことに発するんだけど店主からのお言葉に余程気分が落胆した出来事だったのだろう。
有名であるが故に「事前に連絡が常識」「常識が無い」「店名をあげてイジメだ」などなど滅多切りに近い攻撃を受けていることに、とにかく唖然としてこの国はどうなっちゃったんだと嘆かわしい気持になった。

欧米などの「〜ではの神」症候群ではないけど一口に欧米と言ってもアメリカ型のADA法(障害者差別禁止法)と欧州のいろいろ各国の法は中身もかなり違う。ADA法は「スタートは準備するからその後は自己責任」の様な感じでなので車いすのホームレスも居たりする。欧州型は違う、社会保障の一部として位置づけているからアメリカ型とはかなり違うし国ごとにかなり違う。
そう言う「欧米では〜」の声に「ここは日本なんだ!障害者の身勝手を許すな!」の憎悪の様な主張が満ちている。なんなんだ?!・・・。これが大多数の声なのだからウンザリザリガニ。

想像力も思いやりも自分の身に置き換える事も何も無く、例えば乙武さんの要に有名でない障害者だったら?自分が明日障害者になったら?自分が高齢者になって不便を感じ始めた時は大丈夫なのか?キリが無いけど何も無い。こんな国がオリンピックを開催しようとしているなんか情けない、猪瀬の阿呆発言もあった事だしあれだけの震災があっての道半ばなのに一刻も早く潔く辞退して欲しい。

  *

情けない国だ、いつからなのかな_と思いつつ、経済再生を超え高々に毎日うるさくいろいろな問題も余裕が無い利益のためなら何でも勝ち負けのカテゴライズ目眩まし。余裕というか寛容でもなんでも良いけど余白やのりしろ見たいなものが消え去っている事を改めて感じた事件でありました。

  *

ちょうど宿で出逢ったアメリカ人の若い青年に話したら「そうなの?ちと考えられないね。。」見たいな事になるんだけど英語力が無くて会話も難しいもんです。Hashimoto Mayorの事は知ってたしつたない英語で聞くのは何とかなんだけど説明が出来ない。TPPはやっぱり知りませんでした、そんなものなのだ。25歳の青年で教師でありアイオワから学校への文化交流のために来ている、音楽の話をしたら若いのにモータウンも好きでJazzも好きらしく、飲んで訳の分かんないダメ日本人を晒してるのもまあ出張週間の愛嬌か。6/1まで滞在と言うので来週は出張は少しなのでちっとしたプレゼントをと思う。と言うか酒を紹介して紙パックでは、、さすがに新潟銘酒がすたる。青年だけと言う訳もいかないし女性2人にはなんか良いのかないか近所の観光物産館「ふるさと村」でも行って来よう。
[PR]
by lifecanvas2 | 2013-05-26 12:20 | まとめ日記 | Comments(3)

加藤さんからメール。残念無念。

昨日まで上越出張で来週からまた出張なんだけど帰宅したら、!加藤崇之さん(恩師)さんからメールが来てて「村上市で演奏するんだよ」って。ガーン・・で時間見てもあと30分くらいじゃ間に合わないしガックリ。残念無念チョー残念。出張中、1週間ずっと痛かった腰痛でへこへこのヘバヘバだったのに更になお凹みました。トリオで日本海側東北の演奏旅みたいなんだけどどんなだったのかなと悔しい限り。

思い出せば20年前位だなあ。最初にPITINNで聞いた時は驚きだった。Lessonの時はオーソドックスなジャズスタイルなのに聞きに行ったらフリーインプロと言う当時は知らない音楽のタイプでもの凄く怖い思いとなんか迫って来る音や引きやとにかく言葉に説明出来ない「衝撃」を受けたのです。東京修業時代中は練習時間を増やすためバイトの稼ぎもも10万位でそっから家賃や生活もしLessonを払い、月に幾つかはいろいろなミュージシャンのライブを聴きに行った。凄い切り詰めてたなあと思い出す。もやしだけ食ってしのいだ事もあったっけ。

んで加藤さんの演奏だけはなんか別次元の世界だった。それに最初はお客さんが居ても休憩でほとんど帰ってしまう、いつもパイプを加えた初老の方と僕だけ残ってた気がする。でも言葉で説明出来ない「衝撃」と言うのはずっとあって恐いもの見たさ?や興味を持って行く自分があってよく行っていた。

その後帰郷しても営業職だった頃は出張にあわせて聞きに行ったり、近年では知人の奥さんの散骨のお付き合いに神奈川に行った時にも聞けた。そいつが途中で帰りたいって言わなきゃ全部聞けたのに残念。

そんな訳でCDとかしか聞いてないのでもあるけどたまに聞くと進化していて、、特に近年出たガットギターに寄る全部ソロギターの「天国への最後の階段」は素晴らしく冒頭のオレオから自由な発想の世界に連れて行かれる。こんなギタリストは世界にも居ないんではないかとさえ思ってしまう。

ホント惜しかったな残念。。でもそうやってメールくれたり寡黙な思い出の加藤さんだがピュアで実に本当の意味で優しい。辛い事があって帰郷を考えている時も真剣に話を聞いてくれアドバイス頂いた事は未だ覚えている。細かい技法や云々と言うLessonでは無く自分で感じて行くと言う様な感じだったけれども音楽性やその姿勢と言うか何書いて良いんだか分からんけどとにかく恩師です。

ライブ聞けないからいじけてるけど仕方ない。天国への最後の階段聞くかな。
d0229242_1949133.png

[PR]
by lifecanvas2 | 2013-05-18 19:49 | 音楽 | Comments(0)


リスタート。言いたい放題書いて行きます。ギターレッスンや音楽レッスン希望の人はE-Mailください。inoueworks@gmail.com。Twitterは @lifecanvasiesまで。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
多分社会は変わらない。今..
by lifecanvas2 at 05:57
> y602057さん ..
by lifecanvas2 at 04:19
楽な作業に配慮してもらっ..
by lifecanvas2 at 17:04
ギターがどうにもコルセッ..
by lifecanvas2 at 10:37
手術前もありがとうござい..
by lifecanvas2 at 10:02
こんにちは、ありがとうご..
by lifecanvas2 at 16:59
いろいろ人から聞いたりし..
by lifecanvas2 at 08:43
ご無沙汰です ^_^ 腎..
by lifecanvas2 at 07:42
いつもありがとうございま..
by lifecanvas2 at 07:22
いつもありがとうございます!
by lifecanvas2 at 10:26
外部リンク!
外部リンク
検索
ファン
フォロー中のブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧