人生のCanvas Part2 井上雄介のぼやき2



<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


Right place, right time なのだ!

腰痛の手術前から読んでた本が「ストラヴィンスキー」、彼女の音楽師匠がお引っ越しでもう視力が良く無いから書籍も処分すると言うので前から気になっていた本を随分頂いて来たうちの一冊。1月に腎盂炎のような急性感染腎のう胞で入院してた時はメシアンの本。これもいただいた本。メシアンの感じは良く分かんなくて日本の和や能とか森の闇や獣の声、鳥の声見たいのを感じていたんだけど20年近くを経てそれが当たっててびっくらした。まだ全部分からないほど難解でも興味深い、結局祈りだよとかそうなるけど。

んでストラヴィンスキー。加藤さんに薦められて「お前クラシックとか聞くと良いよ」ってラヴェルやドビュッシーなどと一緒に聴き始めたのが20代前半。ストラヴィンスキーも火の鳥、春の祭典とか位しか知ってなくて、それでも音楽性やサウンドがイイと好んで聴いていた。もともとジャズに興味ありお互い影響し合っていた人だから本の中でもその話も出て来る。舞踏音楽でも1期と2期があってロシア時代の民話や原始宗教に題材を得たもの、アメリカに移住後、ギリシャ神話などを題材にした時期。当時の美術家や先駆的な振付師などの共同でいろんな事をしてた。

そう言う時に生徒に言う割にはずるをしてしまいYoutubeなどでいろいろな作品が聴ける、前期で10作品、後期で11作品もあって全部作品ごとに変わっちゃうのでカメレオン音楽家と言われる。音楽から見た舞踏、Balletなどを考えていて舞台装置やいろいろな事を考えたりその演出もコクトーが手がけているものが会ったりするそれが兵士の物語。良いなと思ったのがAgonとOrpheusとカルタ遊びとかで全部違う。さすがに聴いていると大音量で広告が流れるのでアルバムを探して見てもiTuneでは未収録の曲もあるのでCDになる。

    *

CDは前にも書いたか年にせいぜいもう5枚、本も5冊前後と何となく思ってる。その一枚だからお店で買いたいけどなかなかそう言う事が困難になって来てる。Amazonとかだともちろんあるんだけど店員さんの造詣の深さとかそう言うただ買うだけでないありがたい機会がどんどん減っている。お店自体が商売として成り立たないので造詣の深い店員さんが居ても万事が消えてしまうのだけれども選ぶ力や失敗やいろいろな機会を失っている様で良いんだろうか、やはり悪いんだろうな。

幸い無くなったお店が復活してあるのが分かったので、やっぱりそこで手に入れたいなあと久しぶりに思った。ストラヴィンスキーでも20年以上、なんか理屈じゃなくて好きで本に出逢って勉強してみてやっぱり聴きたい欲求は大事だなあと思う。なにせ情報が早すぎるから40超えてからなんか億劫で面倒になって来たのもあるんだと思う。機会と言うのがあれば、その時にちょうど良い時に現れる様になっている。他は生徒が偶然持って来た教えてくれたものだったりそれは縁だったり機会だったりする。彼女の音楽師匠に会うのも20年以上経ないと会話も出来ず無理だったと思う。もの事や機会や縁はちゃんとそう言う時間を経てその時を待っている気がする。

   *

本はイスラム国の人質事件があって悲痛な事件だと悩んでちょっと遡った新書を手術前からずっと読んでた。自己責任の風潮が出たりそれはそうだけどその時の政府が邦人救出に限りない努力をするのは当然であって次元の違う話なんだけどひんやりした世の中を感じててメシアンの音楽と違う無機質な社会の気がした。それでも湯沢のスキー場で勝手に滑走禁止に入った東京の3人歯自己責任だと思う自分が居てそれは解けない。モヤモヤしていてずっと矛盾だった。

自称イスラム国のする事は当然容認出来ないし残虐なものだけれども背景を考えた時、遡った時、やっぱりどうだったかな?と思ってしまうのだ。イランイラク戦争から湾岸戦争、アフガニスタン戦争を経てイラク戦争、そして混乱。1月に言っていた人道支援も確か不明瞭な事が多いんだよなと思って日本のODA関係の本も読んだ。そうだ、、人道支援と言う大義名分の中で望んでも居ない開発を行ない公害なども起こしたり円借款でもNGO調査員と認定や金額などは非公開だったり、知らされていない部分は沢山ある。知らされていないと言うより時間が早過ぎて知る時間が無いような気もする。情報が多すぎると消化不良になるのでやっぱり多いとダメなんだ。

  *

もう一つが脊柱管狭窄症の本を返しに図書館に連れて行ってもらって偶然手に取った森岡正博さんの「現代文明は生命をどう変えるか」、対話集なので読みやすかったけど哲学者だから6人の対話者にどんどん挑む本。文明管理社会、不登校、障害問題、脳死、臓器移植、優生思想、病気や老いと死、すげええテーマでその道の専門家に挑むんだけど一番驚いたのが自殺する細胞があると言うこと。アポトーシスと言うらしい、生物学での発見でかなり前らしい事で壊死(ネクローシス)ではない、あらかじめ遺伝子に死ぬ事をプログラムされた細胞の死を持っているんだと言うのは驚いた。

臓器移植も時代を経てかなり問題が出ているらしい、提供を待つ側は早く手術をしたい=新鮮な臓器を望む=自分に合うどこかの人の死を渇望していると言う倫理問題が既にアメリカでは深刻化しているらしい。脳死では鮮度を保つのに遅すぎるから提供しちまおう!って言う事が現実に起きているらしい、確かに米ドラマ見てると幾つもあるから社会問題化しているんだろう。。アポトーシスも発見を受け入れれば良いんだけれども、多分文明と資本主義はその遺伝子を改造して延命する=長生き商法に移って行くだろう、、、それはダメだろ、いかんだろ、と大きな問題と思ったけど恐らく資本主義の暴力的な欲求は突き進んでしまうだろうと言う。

アポトーシスの発見を社会に持ち込むとマズいのだ。人間と言う器の中の出来事を持ち込むと多くの細胞の為の望まれた犠牲の死を容認する事になる。これが気持の悪かったイスラム国人質事件の疑問だった、スキー場の事は壊死のようなネクローシスに感じるんだけど、身体、つまり社会の利益の為に死を渇望するアポトーシスの考えを持ち込む事は危険だと言うこと。ずっと悩んでいた事も3か月寝かさないとダメなんだ。。そう言う事も機会や縁なんだと思う、流されてしまうと多分無い。

   *

そんな馬鹿などうしようの無い事ばかり考えてて退院後徐々に生活に慣れて来たけれどもコルセットでギター練習は上手く行かない。だkら諦めてピアノ練習に切り替えたと言うかなんかふと思った練習方法が閃いて上達はさっぱりだけれども何かあるはずだと思ってやっている。ベースを弾いた時も位置が変わるような気分があるけれどピアノもある。かなり後ろと言うか全体像を見るような気分になる、弾けないからかも知れないけれどギターを弾く立ち位置と違う気分で面白い。

そうしてるとインタネットで世界中のいろいろなピンキリのミュージシャンで曲を創っちゃおうと言うのを見つけて気に入って慣れない鍵盤で遊んでいる。いろいろなものを聴けてアンビエントやノイズ、もちろんポップスも面白かったりするけど世界はいろんな文化でいろんな事してるなあと思うしアニミズムやシャーマンなんて言うのは日本古来にもあるのに薄まって来た様に思う。

そこで気になって昔買った細野晴臣さんの「アンビエント・ドライヴァー」と言う本を掘り出して来た。そこで目に留まったのがネイティブ・アメリカンの教え。

「正しい時、正しい場所」がある、"Right time, right place"

反対は悪い時、悪い場所がある、と言うそうだ。wrong time, wrong place。ちょうど手術もしてなんか腰も長年の負担がトドメに来て意味あるんだろうなと何事も思ってる、気張らず焦らずゆっくりコツコツ。何でもその位がちょうど良いので今日も天気が良いから散歩リハビリをして来よう。運転は出来ない、、退院後してみたら思ってのほか上半身が左右に振られて痛みが走る!早朝で良かったけど慌てて引き返して来た!やっぱり正しく無いときと場所だったんだ。今は散歩リハビリがそのタイミングなんだなとこれだけは忘れないで書いておこうと思ったら長くなった。

すっかり春



[PR]
by lifecanvas2 | 2015-04-24 11:36 | 漠然と考える事 | Comments(2)

手術後の生活メモ(退院後1〜3週に突入)

退院してから1週間が経過、まだ1週間の実感。腰痛にかんして文献やインタネットに世話になったので自分も書いておかないと行けない。

入院日は3/27金曜日手術は3/30月曜でした。腰椎弓切除術、先生の説明によると圧迫されて1/3になっている脊柱管狭窄症、5番腰椎の骨削ったりじん帯(図書館の本で見たら黄色靭帯と言う)を取って空間を広げるとの事。手術は「椎弓除圧術」で内視鏡の手術でした。数多くの手術をしていないと内視鏡は出来ないそうだ、そりゃそうだ。術中なんかあっても切って何も出来ないもんね。ベテランなんだなあと思う。

====途中で止めてしまったので再開

退院から3週目に突入、1週目は禁忌だった運転をして後悔したり、しゃがんで痛みやいろいろな事があった。洗面が病院のはバリアフリー仕様になっていたのでとにかく低いと万事がシンドイ。洗面は足を洗面下にしっかり預けて転ばないようかがんでやると良い。あと作ってもらった退院後生活用のコルセットが胸下から腰までがっちり固定しているのでかがむのは大変、ラーメンなんか本当食べるのしんどい。仰向け気味に食べるのは楽だけどラーメンはそりゃ無理だ。晩酌もあぐら禁忌だから膝を曲げて左手はしっかり机において食べる。良い姿勢を見つければ案外楽で手術前、晩飯でも途中でうんざりしてふて寝した頃とは大違い。

便利なのが病院にあったハンドキャッチャーだ!、これでかなり動作が楽になる。ハンドキャッチャー自体を床に倒してしまうと途方に暮れて凹むのだけれども。腰痛の味方「ハンドキャッチャー」
d0229242_09203926.jpg

  *

3週目になると内視鏡手術だったので傷は埋まり、削った腰椎、靭帯とかなのかな?内部がたまに疼いたり無理な動作や長時間で痛むこともある。散歩程度の歩行ならと退院後から始め、随分と歩ける様になってきた。左足の座骨神経が3~4割あるので完全じゃないけど手術前の歩けない、すぐ休む、足が出ない状態からは大きく改善されている。棒の様な感覚があるので少し変だけど問題ない。天気が悪いと気圧の関係で痛む?のか上手く出来ないけど短い距離を出来れば朝昼晩、朝夕とか歩く。

気を付けないといけないのは歩道で小さな段差に気付かずどん!と歩いたら脊髄に響いて動けなくなったのもあった。アスファルトは案外平坦なんだけど歩道の敷き詰めたブロックは波打っているのでそれ以降注意する様になった。

疲れたら眠る、多分外傷はほとんど良いけど中身が再生してるのか疲れモデル。そして案外起きたあとは痛みも減少しているのでまた散歩リハビリ。コツコツ焦らずゆっくりのペースはいい感じだ。コルセットは腿の付け根まで圧迫するのでギター練習がどうにもならない。なので2週目からピアノの練習をする事などに切り替えた、案外これが発見あって愉しい。

入院前からI. Stravinskyの本を読んでいていままで火の鳥、春の祭典、弦楽四重奏とかは聞いてたけどいろいろな発見があって勉強してた。見えるものへの対話としての音楽からみたバレエ音楽。1期2期に分かれるのだけれどもコクトーやピカソたちの交流もあり振り付けはディアギレフ、ニジンスキー、そしてGバランシンなどに移って行く。いろんな事を考えていたんだ。。。

  *

とにかく座る事が苦痛でMacも触る事も避けていた、仰向けで膝を曲げて天井を見ている手術前。あれが無いと言うのは気分もいい。昨日は天気もよかったので頑張って布団を干したけどずっと敷いていたので感無量な気もした。「ぴんぴんに戻る訳ではない事を承知下さい」と言う手術説明書にもあったけど、とにかく今は不便が会ってもとにかく十分。次の退院後の診察もGW明けの5/8。その位は経過を経ないと分からないんだろうな。デスクワークでも最低2週間、それ以外などは1ヶ月以上を見ての主治医の話。こつこつです。





[PR]
by lifecanvas2 | 2015-04-23 09:21 | 腰痛さてさて | Comments(2)


リスタート。言いたい放題書いて行きます。ギターレッスンや音楽レッスン希望の人はE-Mailください。inoueworks@gmail.com。Twitterは @lifecanvasiesまで。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
多分社会は変わらない。今..
by lifecanvas2 at 05:57
> y602057さん ..
by lifecanvas2 at 04:19
楽な作業に配慮してもらっ..
by lifecanvas2 at 17:04
ギターがどうにもコルセッ..
by lifecanvas2 at 10:37
手術前もありがとうござい..
by lifecanvas2 at 10:02
こんにちは、ありがとうご..
by lifecanvas2 at 16:59
いろいろ人から聞いたりし..
by lifecanvas2 at 08:43
ご無沙汰です ^_^ 腎..
by lifecanvas2 at 07:42
いつもありがとうございま..
by lifecanvas2 at 07:22
いつもありがとうございます!
by lifecanvas2 at 10:26
外部リンク!
外部リンク
検索
ファン
お気に入りブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧