人生のCanvas Part2 井上雄介のぼやき2



終戦記念日。68年。

今日は終戦記念日です、68年目。僕は音楽家のせいか?戦争を嫌い憎み、平和を愛し、自由を好みます。また最近では絵ばかり描いているため世界でfacebookで交流を。普通出逢えない様なもの凄い画家さんの日常的に考えていること。やっぱり同じです。

またチャットやWallで話しても歯に衣着せぬ主張、考え、造詣の深さ。年齢や政治の話を嫌う日本人では考えられないほど大人として成熟している。老若男女関係ない。それで昨日、英国在住のロレンザさんと多岐に渡る難しい話をしてました。そうしているうちに日本では日付が変わり第2次世界大戦、World War IIの話に。

彼女は家族と親戚で最近まで?今もフランスのプロヴァンスにヴァカンス中。撮る社員がどれも美しく確かイタリアとフランスのハーフだったかな?語学もいろいろ堪能。やー羨ましい、うんうん。
時差があるので先ほど寝た様ですが、、、僕が起きたさっき!衝撃の書き込みをしておいてくれました。

彼女の祖父がナチのキャンプ収容所で死亡しているのです、ナチスの惨劇は僕も知っていますし知識はあったけど・・・・・そんな事があったなんて。それで彼女の父はそれをwebを作りあったことを風化させない。その中には彼女の祖父の写真もある。。そして合同慰霊祭?なのかな現在の凄惨なことがあったキャンプ場跡地にも行った写真が200枚近くあったかな。wikiとも紹介してくれているので当時の惨状が目に見える様です。。。彼女にも実に辛い体験だと書いてあった。

僕の絵を気に入り、日本文化が好きで家族思い、トトロとパンダが好き。実に優しく聡明で僕の躁鬱病に関してまで仔細にアドヴァイスを。英国の制度より数十年は遅れている日本。セラピストの制度が無いことに驚いたり文献を探して紹介してくれたり。

先日のハートにサビオで「Get well soon」とか送ってくれたり。彼女に限らず画家のジェリー、シーガルロン、オーストラリアのサーファー、クリス。最近の日本が忘れてしまった優しさお互いさまがある。広義の愛に溢れ世界は愛に満ちている。

しかし彼女の祖父を奪った戦争。日本も空襲に原爆、大本営による徴兵。「僕は日本の右傾化をとても憂慮しているんだ」と話すとみんな「そうだよねいま日本はオカシイよ」と。先日の麻生副総理のナチス容認など橋本知事の従軍慰安婦発言問題、世界は驚いて増すぞ!皆さん。

そうした中で僕の考えを主張することも大事。戦争は行けない!、愛と自由はお金より必要だ、世界に平和を!。そう言う事とか政治的なことBOPや巨大過ぎるキャピタリズム(資本主義)について話す。

いま日本はどんな馬鹿が選んだのか与党は自公連立の安倍政権。これも考えられないけど政教分離すら出来ない国が右傾化し憲法を改正しようとし与党後始めてしたのが弱者イジメの生活保護削減。。。もう日本には自分のの利益、お金、経済を考えるだけで格差は広がり思いやりは無く、高齢化は進み、破滅への道を進んでいる。

戦争で亡くなった方々が今を見たらどう思うのだろう。情けない限りです。テレビではくだらないお笑いでイジメの増長、グルメでは食べ物を粗末にし日本の食文化の破壊。枚挙にいとまが無い。

それでもロレンザさんの実体験を聞いては今年は日本のみならず世界の平和、戦争の無い世界を祈らずにいられない。震災直後、世界中が「Pray for Japan」と祈りを捧げてくれた。2年半が近いのだけど恩返しを忘れてないだろうか?



We hope

No More War ,Peace and Love !

pray for the world be happiness from Japan




昨晩今までのお礼にヴァカンス中のロレンザさんを書いておくって驚かせた。彼女の傷も言えます様に。手を合わせて祈りたいと思います、合掌

Thanks always to Lorenza :D

d0229242_11273950.jpg


d0229242_11275184.jpg

[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-08-15 12:09 | 振り返る事 | Comments(2)

【ナイチンゲール誓詞】

こう言う事も知ります。なかなか人生エンエン。知ったのは神戸のみなちんこ。それ以前に知っていたと思います、人に愛を制度でなく心を。そう想う日もあるのです。

  *

【ナイチンゲール誓詞】


われはここに集いたる人々の前に厳かに神に誓わんーーー

わが生涯を清く過ごし、わが任務を忠実に尽くさんことを。

われはすべて毒あるもの、害あるものを絶ち、

悪しき薬を用いることなく、また知りつつこれをすすめざるべし。

われはわが力の限りわが任務の標準を高くせんことを努むべし。

わが任務にあたりて、取り扱える人々の私事のすべて、

わが知り得たる一家の内事のすべて、われは人に洩らさざるべし。

われは心より医師を助け、わが手に託されたる人々の幸のために身を捧げん。

   * 

「ナイチンゲール誓詞」はナイチンゲール自らが作ったものではありません。
ナイチンゲールの偉業をたたえ、その教えを基として、1893年、アメリカ・デトロイトの看護婦学校長夫人を 委員長とする委員会が、「ヒポクラテスの誓い」にならって作成したものです。




何故かと言うとアメリカ在住のRorenzaが良い絵を。。。フォトっていうかな?くれるんですよ。僕のタレント(才能)を心配してくれて、実に良い夫婦。今まで描いて来た様にアメリカ東京は嫌いです、政府や制度、構造で市民は恨んでません。現に彼女は広島に祈ってくれたし他の仲間も。。。。
幾つか載せます。頂いたギフト。遠い空の下!Thanks Rorenza♡

d0229242_11562856.jpg


d0229242_1155157.png


僕には何もお礼が出来ません行くのもお金無いです、だからせめて彼女のフォトを送ってもらい彼女のポートレートをいつか書いて送りたいと思います。

ナイチンゲールの心は日本は忘れているのかもしれません。。。そんな気もするのです。
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-08-08 11:59 | ありがとう | Comments(1)

最近嬉しい事続き、ありがたいのです。(1

最近ブログに載せている様に深夜は絵モード。今日はちとスランプ?色が決まらないのです。7月の頭から調子が悪くなり信愛病院で点滴受けたり入院の話も出たけどなんとか。その前後に絵モード。自宅療養の妨げにならない程度に1日1枚のときが2枚にもなったり。そこに嬉しい事が続くのです。なんともいやはや。。

  *

まずはfacebookに載せていたら好評もあって?欲しいって人もでたりいろいろ。売る為に描いてる訳でなく自分のリハビリなんですが、送ってみた。南相馬に夫婦でお花プロジェクトにお手伝いしてる日野マダム。良いのか分からんけど、梱包の段ボールの裏にも絵を描いてイタズラ。神奈川にしっかり届きました。
d0229242_1292982.jpg


  *

次の嬉しい事。もう何十年の付き合いかな20年近いと思う、埼玉在住のライターさん?で良いのか。その頃僕は会社で福祉設備の仕事してましたんで今は懐かしいNiftyServe、つまりパソコン通信で知り合った方が多い。聴覚障害についてもいろいろ教えてもらったり知り合いになったりそれが縁でボストンの難聴者団体SHHHの全国集会に参加したり。脱線、ボストンはご一緒じゃなかったけど通称:でんでんさん、東京に出張に行ったりするとたまに会えたりもう20年以上。んでね、、facebookでの僕の絵を見てて彼女は画材とか送ろうと思ってもらえました!。昔セツモードセミナ−の彼女ですから芸術、アートへの造詣は深い。8月5日の月曜日届きました!。開けたら凄く感激して号泣。。。

d0229242_13832100.jpg

僕の敬愛してるフランスのジャンコクトーのポストカードまで。。。
d0229242_138497.jpg

水彩色鉛筆を送ってくれたのです。
d0229242_1394091.jpg


他にも画集「クリエーション」とかいろいろ。
d0229242_1411822.jpg

d0229242_1413197.jpg

僕の好きなスタシスの特集号もあり貴重なインタビューもある、、、これは今時もう作れない豪華本の数々。凄く嬉しい、、良いんだろうかと思いつつも時間があると音楽を聴きつつ画集を読むなど何十年ぶりか。今までの女性などはインタネットでエロ画像を探してそれを書いてたんですけどやはり手に取って味わう本は違う。。編集者の芸術への愛、造詣、美意識などがひしひし来る。こんな凄いもの、お金で買えない宝です。

僕は芸術、音楽でも伝承文化と思っています。Lessonもその一貫なんです。今は躁鬱病で音は出るけど音楽じゃないギターだし頭痛が酷い時もある。でもまあ僕が得て来た事を次の人にバトンを渡す、人間が良いものか悪い生き物かは置いておいてそう受け継がれて来た。今回のプレゼントもそう、、リハビリとは言え気に入って頂いてバトンをギフト頂いた。。。

大事にと思い使った事の無い水彩鉛筆画で描いたのが昨日のこれ。
広島原爆投下から68年の昨日だから意地でも書き上げたけど中々新しい画材に分からず3点

「死んだ女の子」
d0229242_2131014.png



〜まだ嬉しい事は続くんですが 続く
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-08-08 02:14 | ありがとう | Comments(2)

広島原爆投下から68年。。。合掌。

今年も恒例の広島を想う日が来ました、68年になります。今年も載せておきます。原爆による死、大震災による2万人近い死、自殺者3万人推移。死が軽い世情、電車の人身事故でさえ自分の利己優先。亡くなられた方はそんな事を望んでいるのか。今日は手を合わせ戦争への憎しみ、哀しみ。そう言う事を考えても良いと思います、合掌。。。

    ************

【死んだ女の子 元ちとせ】


わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~わすれんなよ~すれんなよ~

   あけてちょうだい 
   たたくのはあたし
   あっちの戸 こっちの戸 
   あたしは叩くの

   こわがらないで 見えないあたしを
   誰にも見えない 死んだ女の子を

   あたしは死んだの あのヒロシマで
   あのヒロシマで 夏の朝に

   あのときも七つ いまでも七つ
   死んだ子はけっして大きくならないの


   炎がのんだの あたしの髪の毛を
   あたしの両手を あたしのひとみを

   あたしのからだはひとつかみの灰
   冷たい風にさらわれていった灰

   あなたにお願い だけどあたしは
   パンもお米もなにもいらないの

   あまいあめ玉もしゃぶれないの
   紙きれみたいにもえたあたしは


   戸をたたくのは あたし あたし
   平和の世界にどうかしてちょうだい

   炎が子どもをやかないように
   あまいあめ玉がしゃぶれるように

   炎が子どもをやかないように
   あまいあめ玉がしゃぶれるように


英訳  (in English)

" Dead Girl "     Repose of souls to Hiroshima

It opens and receives.
Striking is me.
door there the door here -- striking me
Don't be afraid. Me who am not seen
It is visible to nobody. Dead girl
I am having died. It is that Hiroshima in that Hiroshima. To the morning of summer
Also at that time, it is seven. The child who died also from now seven is never becoming large.
The flame accepted it. They are my both hands about the hair of my hair. My pupil
My body is a handful of ashes.
Ashes reviewed to the cold wind
it is a wish to you it is -- although -- I need bread and no rice
A sweet candy ball cannot be sucked, either.
Me who burned like paper
It knocks on a door. Me Me
The world of peace is used in how and it receives.
Suck a sweet candy ball so that a flame does not burn a child.
Suck a sweet candy ball so that a flame does not burn a child.


==============================
「死んだ女の子」 詞:ナジム・ヒクメット 曲:外山雄三 梅丘歌曲会館「詩と音楽」

ヒクメットは1902年トルコのサロニカに生まれた。当時のトルコではヨーロッパ強国の利害関係が交錯しており、莫大な負債と不平等条約によってしばられていた。こうした政治的条件の中で、民族解放戦争が起こり、トルコの進歩的文学運動が生まれた。ヒクメットはその革命文学の旗手、指導者であった。彼の詩は終始闘いの中で書かれ、闘いを訴え、闘いを支えてきた。と同時にしいたげられる者への心からの関心と労り、闘う者への賞賛と誇りをこめてうたわれる。ヒクメットの受けた刑は判決にして50年、獄中生活は17年の長きにわたるが、彼の詩には常に明るい未来への期待と確信がうかがわれる。「死んだ少女」「雲が人間を殺さないように」「日本の漁夫」は死の灰をテーマとした三部作をなしており、わけてもヒロシマをうたった「死んだ少女」は広く各国語に訳され、原水爆禁止運動の発展に大きく寄与したといえよう。


Dead girl words: Nâzım Hikme Music: Yuzo Sotoyama The renewal information of a Umeoka song hall "poetry and music" / web rib log"
Outline
Hikme was born to Salonika in Turkey in 1902.
In Turkey of those days, the interest of the Europe strong country was each other interwoven with, and it was bound by an immense debt and unequal treaty.
In such political conditions, the war of liberation broke out and progressive literary movement of Turkey was produced.
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-08-06 06:22 | 振り返る事 | Comments(0)

昨日の絵と外人の画家の友だちの絵

■社会と言う巨獣
d0229242_1419716.png



■いとしのジュリアロバーツ
d0229242_14193395.png


d0229242_14195865.png



    *

最近友だちになったJerry Frontの絵、良いやつでフレンドリーで色彩が良い。
facebookも海外に飛ぶと面白い。題名分からんから今晩聞く。

d0229242_14213855.png



本人から返事来たよ。

Shasta is a mountain in California which was home to the Shasta Indians and my mother was from that tribe--so I refer to Shasta a lot
(シャスタはシャスタ・インディアンが住んでいたカリフォルニアの山です。また、私の母親はその種族からでした -- したがって、私はシャスタを非常に影響を受けています)

   *

今日はとても素敵なことがありました。明日描きます。すんません。
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-08-05 14:22 | する文化主義 | Comments(2)

絵ほか。

d0229242_13331243.jpg



d0229242_1333462.jpg



d0229242_13335670.jpg



d0229242_13342014.jpg


送る絵にも裏に絵
d0229242_13344797.jpg


   *

関係ないけど昨日連れて行ってもらったお蕎麦もの凄く美味かった〜!(^ー^)ノ
d0229242_13354064.jpg

[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-08-04 13:36 | する文化主義 | Comments(0)

人生なんでもインプロ。

新潟はみなさんが心配してくれる様に雨続き。この辺は大丈夫です。ありがとうございます。今日は辛い事おもありました、良い事もありました。お蕎麦も美味しかってとても感激。病院も大変でした、まあOK。帰りに新津のTSUTAYAでアンジェラアキさんのCDを借りたいと新津のTSUTAYAで途方も無い数量で滅入っていたらお姉さんは親切に見つけて下さいました。良い日とでした、若いのに可愛かったし丁寧でした。ふらgふらでまごまごして申し訳ない。お仕事とは言え慣れないレンタルに実に丁寧。凛としてたな、幸せになってほしいぞ。

  *

最近tumblrやfacebook、we heart itに触発されて夜中絵モード全開!。えいっと描き始めるときもあれば裸婦を見てずっと悩む時も。いまふと思った!、、あれ?絵もインプロではないのか?音楽もインプロだ、会話もインプロだ、散歩もインプロだ。。辛い事嬉しいこと美味しいこと雨が降ってる事それを感じる事それがインプロだ、何故今まで気付かなかった。

多分前に紹介した加藤崇之の「7つの扉」もうどんだけ聞いたか。紹介に酔ってピュアな感性を持つ方は買って頂いた、んで言葉にならない感動を電話で聞けた。前に書いたけど万人にはお勧め出来ない素晴らしい音楽。苦しみ悲しみ喜び怒り絶望舞い上がりいろいろなものが入ってる多分人類に残る音楽か音像か音景か。聞き続けiTuneで再生回数を見たらもう100を超えてた。

音楽で泣けるひと、絵を見て泣ける人、絵画を見てなける人、彫刻で泣ける人、風がそよいで泣ける人 朝日を見て泣ける人 夕日を見て泣ける人。いろいろを全部ひっくり返して喜べる人苦しむ人驚く人なんでも良い。なんか良い。それも人生のインプロ

最近点滴の後遺症で腕が重く集中がなくギターは音が出ても音楽でなかったり、実は凹む。でも良いのだ!7つの扉を聴いていると気にするな、それで良い、でも大丈夫。そんな声も宇宙冥界海底地底から聞こえて来る様です。さあ!絵を描くぞ、それもインプロだ今日は何が産まれるか。。うむー

人生みなさんインプロ、万歳万歳。お身体に気をつけて下さいまし。
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-08-04 02:40 | ありがとう | Comments(0)

何十年ぶりの絵モードです

最近、絵モード爆発なのだ、加藤さんの新作「7つの扉」は前に紹介したけど音像が素晴らしくて耳で見ている日々、ふと絵を何十年ぶりに書きたくなって来たのです。またブログとか見てCDを購入してくれた素晴らしいアンテナを持っている人もいる、その感性は間違ってないと思うのです、加藤さんは画家としても素晴らしいと思っているけど僕は何を描くのか。はてさて。

思えば幼少の頃、母が幼い頃絵画を習っていたお陰で家に画集が全巻ありました。また大阪で祖父母に育てられていた僕は言葉を喋る前に絵ばかり描いてたそうだけどそんなん覚えてる訳も無い。小学生で英国ロックに取り憑かれる前は絵ばかり描いてて画家志望だった幼い未熟な夢。その頃好きだったのがJapan、実に絵画的なバンドで虜になり中でも美的の独特のセンスのあるDavidSylvianには敬愛と畏敬の念でした。当時はコピーも高価だったので雑誌の切り抜きを自分で描いて自分でポスターを描いてた覚えもあるな、、あれも良い時代だった気がする。

最近tumblrと言うSNSなのか?素晴らしいものがあります。哀しいかな日本のおインタネット環境ではニュースまでランキングがある。天の邪鬼の僕はそんなん嫌いだ、自由に見たい。老若男女宇宙人地球人地底人海底人空中人健常者障害者変態いろいろエロエロいるから良いのだ、いつもそう思うのです。均一化は暮らしにも宜しく無い。ひとは大地にご迷惑をかけて生きている訳ですからいろいろ見て振り返るでも忘れちゃうでも思い出す、そう言う事が大事かなと。

そのtumblrやFacebookなどで世界に飛ぶと自由なこと。それと「する文化主義」。前のブログでもかなり描いたことですが暮らしは窮屈な国。忙しい、お金がない、考えるゆとりが無い。豊かなんだろうか。Lessonでも生徒は仕事上忙しく続かないものもいる、うーん不幸だ。

世界にtumblrやFacebookで飛ぶと実に面白い。特にアメリカでなくスペイン、イタリア、おフランスいろいろ飛んじゃう。インタネットも日本は実に窮屈なことか、驚きの連続。「する文化主義」暮らしをまず大事にする国では余裕が違うなと。

文字など面倒くさい、メモ代わりに描いておくけど直感大事、いろいろ大事。言葉も面倒くさい。音楽は言葉要らないじゃないか。うーむ。なんか閃いた。絵モード、なんかするモードです。

12色の鉛筆でもう赤が無いんだけど。幾つか描いた最近。


「脚を組む女」
d0229242_192527.jpg


「優しい地球」
d0229242_1932774.jpg


「プリティウーマン」
d0229242_1944668.jpg


「飛んでるぜベイベー」
d0229242_1962199.jpg


「世界平和を祈る〜世界を変えるデザイン」
d0229242_1972970.jpg


「みなちんこの脚」  〜画像提供に深く感謝。
d0229242_19848.jpg


「パリ・オペラ座を目指すバレリーナの酷使」
d0229242_1983375.jpg


「首が無い裸婦像」
d0229242_1994465.jpg


   *

久々の絵ではまだまだ未熟で10点、しかもなかなか12色では厳しくて画材も買うお金もないしと思ってたのです。そしたら!なんと画材の提供メールが。。。いやはやありがたい事に画集?まで頂ける事に。これは凄いエンエンですぞ、何十年もお会いしていない方が僕の絵に興味を持ってくれた。かたじけない。

いくら恩師と言え加藤崇之さんの真似はしたく無い、加藤さんも望まないはず。どこへ向かうか深夜の絵モード。彫刻にも興味はあるんですが工場にでも住まんと無理だ。時を経て、DavidSylivianを調べると当時懐かしい「錬金術」多分中学生の頃のアヴァンギャルドな作品、買ってしまいました。実は加藤さんシューミーさんのCDでも「錬金術」がある。

広義なAmbientか分からないけど音が見える世界。絵画的、色彩的、絵も飛び出す。今日も自宅療養ながら深夜に無理しない程度には描きたいです。ギターは点滴後の腕が重く余り触れない、弾くんだけど音が出てるだけで音楽でない、そいつはマズい。

でもアンジェラアキさんの新作?にはうきうきしました。


この方も実に絵画的。する文化主義万歳!なのです
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-08-01 19:27 | する文化主義 | Comments(0)

僕が思うに新潟の誇る快活娘さん

藤田嘉子さん、藤嘉ちゃん。震災の年の3月までNHK新潟局に居ました、大ファンで公開放送まで見に行った。番組は新潟610。細いけど快活明朗で聡明な感じでとてもファンでした。声もNHKラジオの有江活子さんの様な落ち着いた声。番組でも今は東京に居る小山アナウンサーの掛け合いも実に面白かったし、多分藤嘉ちゃん独自の企画?「藤嘉の道場めぐり」はとても面白かった。小山さんと漫才もしたしああ言うのはもう新潟局で出来ないんではないのかな。衣装もスッキリまとまっていて多分自分で選ぶのかな?芯が強い飾り気よりも自分に似合う服をしっかり分かる流行に惑わされない芯を持っておられる?素敵なレディでした。

実はかなり前にブログを見つけて下さったのです。それからずっとファンだったから実はご迷惑にならない半年に一度位内緒のメッセージのやりとり。遠い空の下で頑張っておられてるそうで良かったです。いつも文章から素敵な優しさと快活さ元気さが浮かんで嬉しいことです。

会えることも無い雲の上の人だけどこれも大ファンであることの縁、これも縁。沈んでいるけど人生の苦境にはいろいろな縁も。大ファンで良かった、本当にありがたいことです。藤嘉ちゃんさんお身体に気をつけてご活躍ください♡、藤嘉さんの幸せを祈ろう!。新潟美人!越後美人万歳!エンエン。

d0229242_9313047.jpg

[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-08-01 09:36 | 藤嘉ちゃん♡ | Comments(0)

歌詞が分からない人だけど。

音楽をやって30年以上になります、ロックに目覚めた少年期、黒人音楽への傾倒、そしてジャズの世界からインプロまで。自分の健忘症、3歩歩くと忘れる酉年も悪いんでしょうけど歌詞って1曲も暗記しているものが無い。駄目駄目なミュージシャンです。でも最近心に響く歌詞があるのでノートに書き拾い読んでいる。

一つは「夢Duo+1」のシューミーさんの「泣いて笑って」。これは震災の年の最初の4月、最後の日南相馬の沿岸まで行きお祈りをして泣いて聞いた曲です。僕には鎮魂の歌に聞こえるのですが、シューミーさんもドラマー故古澤良治朗さんが逝去した時も歌っていた様で心に響く。当時の写真はありますがトラウマになる方も居ると思うので載せません。爆撃を落とされた様な被害、道も何も分からない、カラスが上空を飛び回り遺体捜索の突っつき棒と終わったところの旗。これもずっと聞いている「ゆっくり夢見」からの曲。

    * * *

「泣いて 笑って」by Shoomy

こらえ きれず

泣いて 空を見上げる

雲が のびる 彼方 星が 生まれ続けてる

さあ 勇気を出そう

力 湧いて 笑い 空を見上げる

明ける 地平 流れ星が 瞬き始める



   *

もう一つはアンジェラ・アキさんの「サクラ色」。これも南相馬に行った時ですが避難勧告で誰もいない町に桜がこれでもか!と言うほどに満開でした。津波事故に原発事故、後者はこんな酷いことを引き起こすのか!。それは僕もショックで手伝った家の片付けの女の子は津波で彼氏を亡くしました。確かその画像をブログかなんかで見たので(現地で地元の人が片付け作業しているなんて津波の被害なんだな、、、)と直感で思って行ったら手伝う!って準備して行ったのを思い出す。そう言う話は沢山あります。。天災は余りにも酷いし人災も酷いまま。新潟への帰り道、聞いていたのがこの「サクラ色」人気のいない飯舘村の山々にも桜が満開。涙が出たことも思い出します。
改めて最近毎日聞いていると歌詞がグッと来ます。切ない別れやなんかなんだろうけど僕も日本人だから桜に関する思い出は沢山。今月はちょっと急下降して今個人的にもの凄く辛かったけど心にしみる。歌詞が良い!こう言うことなんだと反省。

    * * *

サクラ色/アンジェラ・アキ

川沿いに咲いてたサクラ並木を
共に生きていくと 二人で歩いた
世界に飲み込まれ 吐き出されても
ただそばにいたくて もっともっともっと

時間の流れと愛の狭間に落ちて
あなたを失った

恋しくて目を閉じれば
あの頃の二人がいる
サクラ色のあなたを忘れない ずっとずっとずっと

あなたから離れて 自分を知った
夢に近づきたくて もっともっともっと

否定の言葉に押しつぶされても
這い上がり戦い続けた

苦しくて目を閉じれば
あの頃の自分がいる
サクラ色の私を忘れない ずっとずっとずっと

「ふるさと 心の中で今でも優しく響くよ」そんな歌が聴こえる

恋しくて目を閉じれば
あの頃の二人がいる
サクラ色のあなたのことを
サクラ色のわたしのことを
サクラ色の時代を忘れない ずっとずっとずっと
ずっとずっとずっと

   *

さあ今日はのんびり過ごそう、食欲も徐々に戻さないと行けない(๑•̀д•́๑)キリッ!
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-07-30 11:18 | 音楽 | Comments(0)

お互いさまお陰さま。それと縁。

弟が南相馬に行っています、もう2週間以上になります。この3日間報道もあった様に1000年以上の歴史を誇る「相馬野馬追」も開催され向こうの知り合いが、観覧している様子や写真を送ってくれたのです。もの凄くありがたく涙が出まして画面が見られないほどでした。本当に皆様ありがとうございます。

弟を前回南相馬に連れて行ったのは4月に考えられない劣悪な職場を失業して失意のどん底で実家で日々を暮らしておりました。なので何も言う事は無い、でもお隣の県である福島、広大な範囲の津波の被害、そして原発事故が起こってしまってのこと。連れて行こうと思ったのです。新潟にも世界最大の刈羽原発がありますから大昔から巻原発反対の僕ですから写真で伝わらない空気や風、光景を感じて欲しかった。だから新潟に帰郷しても感想も何もあえて聞きませんでした。

それが先日波江を案内して頂いた通称;ペンキ屋さんが忙し過ぎて「作業補助を頼めないものだろうか」と弟に打診してくれました。それがキッカケでずっと行っています。ペンキ屋さんをはじめ周囲の方は僕もお世話になった優しい方ばかり。安心して送り出すことが出来ました。
「便りがないのは元気な知らせ」と言いますが、送ってもらった写真を見ると新潟に居た時の沈痛な表情が消え昔の弟の笑顔に戻っています。母にも早速連絡し写真を見せたら涙が。電話でその話を聞いた大阪の伯父までが涙を。1枚だけ写真を、優しい方々に囲まれて満面の笑みです。
d0229242_18282661.jpg


兄馬鹿で仕方ない話ですが、性格も違い不器用で純朴で素直過ぎる弟。ずっと心配していたのが笑顔になっている、本当にありがたいことです。沢山の人たちに癒され過ごしているのだと光景が目に浮かぶ様です。僕が震災の時に感じた「お互いさま、お陰さま」の気持はここにあります。お隣の県です、ボランティアなんて気取らなくても良い。お互いさまお陰さまで良い。

現に新潟は今日も雨が降っておりますが震災の年2013年の新潟福島豪雨の時は南相馬から支援工具が届き、この写真を送ってくれた方は阿賀町まで水害のボランティアに来てくれました。また大勢の方が下田村まで手伝いに来てくれたことも忘れていません。ありがたいことです。

そうした縁がいま弟が継いで行って笑顔にしてもらっている。日々の光景が目に浮かぶ、縁とはなんとありがたいものなんだろう、そう感謝せずにはいられないです。まだしばらく居ると思うんですけど見かけた方よろしくお願いしたいと思います。またお世話になっている方々本当にありがとうございます、家族親戚一同を代表してお礼申し上げます。

   *

もう一つお互いさまお陰さまを感じることもありました。生徒がポツリとある悩みを話してくれた、その事はプライバシなので書きませんが中々重い人生の悩みです、いやはや何故故に僕にはそう言う事がよく起きるのか。Lesson半分、話半分に渡り長時間の話を聞いてました。

個人的に7月当初辛い出来事があり持病の躁鬱病が悪化し激しいうつ状態になっていました。不眠、食欲無しが続き7kg減り抗うつ剤の点滴に病院へ毎日通う日々でした。正確には双極性障害と言いますが要は誰もがある気分が良い日と悪い日の波が激し過ぎると言う病気です。年齢を重ねると躁状態が減ることもありうつ時期がずっと続くこともある。電話なぞまず無理、思考が停止しているので即答出来る訳も無い。

かなり今回は重くずっと病院通いで心理的にも身体も参っておりました。でも点滴は今日で終わり、ちょっと自己精神の中で徐々に転換があって自宅療養で良いと主治医の指示。遠いだけにありがたいことです。

なぜ書いておくかと言うとこう言うことを早めに言っておけば生徒の悩みももっと早く気付いてあげられたのです。半年も気付かなかった。また過去の生徒でもうつ病を経験したり今も苦しんでいるものも居る、そう言う事は沢山あったのです。生徒は年上が多いけれども病気の苦しみは分かるつもり、半年も気付かなかったのは申し訳なかった。

話を聞くうちに僕の8年前の入院のこと、うつ状態で縦断な決断は良く無いこと、焦らず頑張らないけどゆっくり諦めない(ある方から頂いた言葉)などなど。生徒自身のことではないけど長い話になりました。話すうちに自分自身の過去の失敗も気付くことがあって生徒の帰ったあとハッとした。

こう言うこともお互いさまお陰さまです。自分自身が話しておくことでもっと早く気付けたかも知れない。病院で失意で居た時に励ましてくれた子も入院当時の仲間です、これも本当にありがたい。そう言うお互いさまお陰さまを痛切に感じ、そのお陰なのかな?点滴も今日で一応終わり。

弟のこと、生徒のこと、入院中の仲間の優しさ、いろいろな振り返りそう思うとお互いさまお陰さま、そして縁を大事に感じるのです。まだちょっと不完全で文章もおかしいだろうけど、いつも通り文章も即興!(๑•̀д•́๑)キリッ!。さて投稿!。

家族弟の笑顔にとても救われてます、みなさん本当にありがとうございます。
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-07-29 19:12 | 振り返る事 | Comments(2)

加藤崇之『七つの扉』

先日の事です、恩師でもある加藤崇之さんの新作CDが発売になりご本人から送って頂きました。全篇エレクトリックギターによるソロ演奏。全部当然即興です、ジャズと言うジャンルではありませんが言葉にできないほどの素晴らしさです。

躁鬱の波が来るととても音楽を聴く気にもならずギターさえも触るのがだるく億劫で寝込んでしまいます。しかしこの宇宙の果てから来る様な冥界から来る様な音楽、これは音像と言うか音景だと思います。音楽には喜怒哀楽をハッキリさせる必要も無いのです、いろいろ混じってていても良いし何もかも混ぜこぜで構わない。そう言う自由な音像に打ち負かされています。

前にも書きましたが僕の加藤さんの演奏を聴いた体験はもう20年前近いPITINNでの「渦」でした。Lessonではオーソドックスなジャズなのにいきなりフリーインプロヴィゼーションの洗礼を受けてもの凄い衝撃を受けた覚えがあります。問題を解決するデザイン的な商業音楽では無く「衝撃」。時代が早過ぎたのか音楽の世界にはまだ前衛を受入れる時代ではないのか、お客さんは少なかった。でも素晴らしい音の洪水と引きと様々なもの。理由は分からないけど僕は虜になりました。

さて。それでもこの作品は30年を経ての集大成と聞きます、どれ程の集中力と忍耐力いろいろなものを続けて来られたのか。。人生で辛い事があるときずっと「渦」シューミーさんから送って頂いた「NEW渦」「夢」や「夢Duo」を聴いて来ました。今、個人的に衝撃な事があって通常の音楽はほとんど聴きたく無い、

しかしこの作品は時を経てのソロ作品だけにもの凄い進化で最初のオーバーチュアから最終楽章まで集中力と構成力、抑制と沈着と衝動、書き切れない衝撃です。エフェクトも使っているんですが、僕の最初の音楽体験はDavidSylvian系統なのでアヴァンギャルドな演奏も好んでいたのかも知れない。それにせよ世界でもこのようなギタリストは希有だと思います。なぜ心にこれだけ染みるのか理由は説明出来ないけど寡黙なLessonをしてくれていた加藤さんを思い出す。実は優しく暖かい人シャイなひと。最後の7楽章まで素晴らしい、万人にはお勧め出来ないですが良いアンテナを持っている方はぜひ聞いて見て下さい。僕のブログの記事もインプロです多分、だから思いつくまま書いてみ直さずあげちゃいます、それで良いのだ!。素敵な音楽に万歳!

     *****

加藤崇之『七つの扉』

d0229242_2112261.jpg


*** 2013年7月15日 発売!! ***
真の音楽家、ギタリストとして世界的にも希有な存在、加藤崇之。フルデザインレコードからは2012年の内橋和久とのデュオに続くリリースとなる、エレクトリックギターによるソロ・パフォーマンスを収録した作品が完成。エレクトリックギターというものが、かくも限りない可能性を秘めた楽器であったことを、現代だけでなく未来永劫に証明するのではないかと思える凄まじいアルバムである。まさに長年に渡る音楽への真摯な取り組みがなければ成し得ない偉業といえるのではないだろうか。

■メンバー:
 加藤崇之 KATO TAKAYUKI electric guitar

■収録曲:
 1 : 第一の扉
 2 : 第二の扉
 3 : 第三の扉
 4 : 第四の扉
 5 : 第五の扉
 6 : 第六の扉
 7 : 第七の扉

recorded at Knuttel House in Tokyo, jan. 31 2013
art work:KATO TAKAYUKI

[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-07-19 02:10 | 音楽 | Comments(2)

この時代に生きる私たちの矛盾〜ジョージカーリン

世情はどんどん加速し真綿で首を絞め合ってる事に気付かない。目の前、自分の半径10mのことしか考えられない余裕のなさ、働いても苦しい、考える時間も無い。日本は衰退の一途。震災前から少子高齢化の問題は20年前以上に気付くキッカケがあってどんどん衰退の一途。
ふとインタネットで見つけたこの言葉。シニカルで興味深いです。

   *

この時代に生きる私たちの矛盾

ビルは空高くなったが、人の気は短くなり
高速道路は広くなったが、視野は狭くなり
お金を使ってはいるが、得るものは少なく
たくさん物を買ってはいるが、楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが、家庭は小さくなり
より便利になったが、時間は前よりもない
たくさんの学位を持っても、センスはなく
知識は増えたが、決断することは少ない
専門家は大勢いるが、問題は増えている
薬も増えたが、健康状態は悪くなっている


飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し、笑うことは少なく
猛スピードで運転し、すぐ怒り
夜更かしをしすぎて、起きたときは疲れすぎている
読むことは稀で、テレビは長く見るが、祈ることはとても稀である
持ち物は増えているが、自分の価値は下がっている
喋りすぎるが、愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる


生計のたてかたは学んだが、人生を学んではいない
長生きするようになったが、長らく今を生きていない
月まで行き来できるのに、近所同士の争いは絶えない
世界を支配したが、内世界はどうなのか
前より大きい規模のことはなしえたが、より良いことはなしえていない
空気を浄化し、魂を汚し
原子核を分裂させられるが、偏見を取り去ることができない
急ぐことは学んだが、待つことは覚えず
計画は増えたが、成し遂げられていない
たくさん書いているが、学びはせず
情報を手に入れ、多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている
ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが、人格は小さく
利益に没頭し、人間関係は軽薄になっている
世界平和の時代と言われるのに、家族の争いはたえず
レジャーは増えても、楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても、栄養は少ない
夫婦でかせいでも、離婚も増え
家は良くなったが、家庭は壊れている


忘れないでほしい、愛すものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ
忘れないでほしい、すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることのできる唯一の宝物には、一円もかからない
忘れないでほしい、あなたのパートナーや愛する者に「愛している」と言うことを
心をこめて


あなたの心からのキスと抱擁は傷を癒してくれるだろう
忘れないでほしい、もう逢えないかもしれない人の手を握り
その時間を慈しむことを
愛し、話し、あなたの心の中にあるかけがえのない思いをわかちあおう
人生はどれだけ呼吸し続けるかで決まるのではない
どれだけ心のふるえる時間があるかだ

                      ジョージ・カーリン
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-07-15 03:18 | 漠然と考える事 | Comments(0)

南相馬に久しぶりに行って来ました(2)

昨日の続き。なんだっけ、ヨガ爺のとこからか。2011年の7月頃のはずだからもうすぐ2年になるリヤカー乞食爺、伸びに延びている滞在も暴走老人の称号の通り自業自得なんだ(笑)。手に負えないほどの畑を借りちまってそりゃ仕方ない、そりゃ大人しく皆さんに怒られてなさい(笑)。んでまた夢を語りだしてたよ、実際したら3年に延びるかもだし始めたら責任もあるだろうけどどうなってんだか。まあ暴走老人ゆえに夢は終わらない不良老人だあ。また延びるだろう、きっと。

ちょっと気になってたのはヨガ爺に賛同するひとが集まってわいわい喜んでいた去年の田植えから稲刈りまで。試験栽培であり有機栽培をずっとやって来た農家さんのお手伝いと言うのがありました。その賛同者は今年はお花を咲かせるプロジェクトに移行しているみたいんだけど、1回立ち止まる落ち着きと言うか勇気も大事なんです。批判ではないけど昨年手植えに喜び収穫に褒め称えたのに。いろいろあって今年は直播きだったりそう言う話は聞いたけど当の農家の方は考えの違うボランティア?の分裂に酔ってグループが去ったりするのは気持が良い訳無い。わいわい来る方は楽しいだろうけど去った時、残された方が辛いもんです。必要な終わりもあるだろうけど明らかに人に寄って集まる事でする事はどんどん変わって行く事は考えないと。ボランティアってのは思いが強い分だけ衝突や分裂はなんでも起こりえるのだけど、それを端でずっと見て来た地元のひとは悲しい気持にもなる。それは思いが強過ぎることによる害ではないのか?。そう言う事を考えて少し落ち着けないものか、そんな事を話した日ももあったし今の時期は「する事を作ってる」のも多いよねって話もあったな。あの日は至極当たり前の話も沢山、落ち着いているひとは物事を冷静に見てる。家族や周りの気持ちを見渡す、受入れる、立ち止まる、思いを馳せる、先を考える、勇気でなくともそう言う気持を持てば落ち着いて行けると思うんだけどこう言う風になると何の分野でもボランティアは手に負えなくなる事が多いのはなんでなんだろう。まあ良いやこれはいつかまた。

んでそんなこんなしてると毎日結構バタバタ過ぎて行ってタイミングが合わずあえなかったひとも居てすんません。。もっと居られれば良かったな。持って行った些細な土産も足りんかった、、これは自分のミス。うむーどっかボルトが緩んでる。んで会って聞いた話とか全部書ける訳でもないしプライベートな事や悩みや思う事なんかはなかなか書けないのだけれど、実際難しい事も沢山あります。

土曜はお花プロジェクトを手伝いに行きました、ひとに言われる前に言っておけば花って顏してないし花より団子、「花より酒(๑•̀д•́๑)キリッ!」って顏なんだけどお誘いを受けたので帰るのを1日伸ばして参加しました。それで今回行って知ったんだけどマップがあってそこにはいろいろな団体さんが花を咲かせる活動をしてるのでした。あれだけの津波災害の跡地に今も作付けの出来ない広がる土地。そりゃ心も荒んで悲しくもなる、そうなんだろうなあ。。。小高の花を咲かせると言うのは帰宅した時、雑草で荒れ果てた住んでいたところに花が咲いている、それを見たお年寄りが涙したそうです。今回は一緒に作業をと言う主旨なので日よけだったんだけど、倒れちゃっててやっぱり立て直したらしい。台風は来なかったものの25人くらいの大勢の参加でびっくり!。午前はおばあちゃんたちも混じって和気あいあいと広い畑に種を蒔いてました。
お昼はバーベキューの何とかって資格を持っているひとも居て本格的なバーベキュー。普段肉食う事があんまり無くて美味しかったこと美味しかった事、んでこう言うのは裏方と言うか準備が大変だっただろうなあ、、と。らんこちゃんはいつも気遣いきめ細かくで動いてる、かずぼーも準備したのに仕事で来られないとかお疲れさまでした。牛タンとかもデカくて畜産が盛んならではでした。午後からは草むしりで先週やったばかりらしいけど雑草の生命力は凄く、皆さんブヨに刺されつつ精を出してました。腰の痛い兄貴は弟クンに託して一服ばかり(笑)。でも土いじりや優しいひとに囲まれてとても良い時間を過ごせた様です、ありがとうございました。打ち上げもありいろいろなひとの話を聞けた事も良かった様です、兄は放置して単なる酔っぱらいはいつもの事です〜。
翌日は帰り支度、いつもの帰るの嫌だな病が出て来て掃除はしたものの、なかなか荷の積込みも進まない。寄ってくれるひとも来たりとんでエイや!と片付けまるもと食堂へ。お母さんがいつもお土産用意してくれて「寄って来なね」って言ってくれるんです。最初の頃行った時に冷やし中華にマヨネーズが出て来て「?」だったんだけど習わしだそうで今回も頼んで美味しかった美味しかった!メニューが増えてていろいろ食べてないのも悔しいなあ。。。小高だとそう簡単にお昼に戻れないしそう言う事もあるから、、また来い!って事なんだな。そうなんだ!

 *

んっでカツオはやっぱり美味かった、毎日食ってました。帰りも買ってもって帰って来た。そこかよ!?って言われればそこなんです!(笑)重要でしょ。
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-06-26 10:27 | 南相馬支援訪問記 | Comments(2)

日曜まで久しぶりに南相馬市に行ってました(1)

日曜まで久しぶりに南相馬市に行ってました。今回は弟を連れて1週間ほどだったかな、失業中でもあるし写真は見せた事はあるものの写真は180度は見えないし土地の雰囲気もそよぐ風も伝わらない。うちの親に至ってはまだ相馬市と南相馬市が分かってない阿呆な実家なので(インターネット環境も無い)昔からだけどなんかボルトが緩んでいるので仕方ない。とにかくいろいろお世話になりました。忘れない様にメモ

  *

 去年の秋と思うんだけど通称かずぼーさんとらんこちゃんに連れて行ってもらった時にカツオが凄く美味くて新潟にも最近スーパーに並び始めたんだけど全部「解凍もの」。当たり前だけどこっちでスーパーを見ると実に悲しい。最初の年に向こうの避難所とかの会ったひとたちが「カツオが食いてえ」が口癖だったけど頷ける。んでカツオが食べたくなったのです!なんだそりゃなんだけどそうなんです。
 んで懐かしい人たちにも会いたい、最初から良くしてくれるまるもと食堂さんとかいろいろあるんでこっそり、、、驚かせよう〜!と思ったんだけど失敗した。でもいろいろな縁もほとんどがまるもとさんで初日から連泊予定場所に大勢来てくれて!ありがとうございました。弟も飲み過ぎ飲まされ過ぎ?で翌日昼くらいまでダウンしてた、良い事だウンウン。なんせまっちゃんが凄く喜んでいた様に思う、珍しく帰る日まで毎日遅くまで起きていたから波長が合ったのか。

  *

 昨年警戒区域解除になった小高区、そして今年解除になった浪江町にはまるもとの常連さんである通称ペンキ屋さんに案内してもらって行って来ました。当初からずっと良くしてくれるペンキ屋さんありがたい事です。んで地元だから小高も波江も「同級生がこの辺で〜・・」「個々の場所ではさ〜・・」とかなると初夏の雑草に埋もれている津波の被害の痛ましさ、状況とかが弟にも伝わったんだろうな。あえて聞かないけど被害に加え原発事故のせいで閉鎖されていた町、ひとの居ない事。ニュースや報道では分からない事あるもの。心当たりの方々にもお供えやお参りもして、でも昨年にあった道端でのお花や線香が手向けられている場所はほとんど無くなりそのかわり新しい墓地がきちんと出来ているところも増えてご遺族の方の気持も少しだけは落ち着くのかなと思いました。でも未だ2年そこらでは悲しみは消えないと思います。

 その翌日には社協のボラセンのお手伝いに行ってみた。まあ邪魔なのは阿呆松本寮長のボラセンが目立ち探すの分からんかったじゃないか、はよ帰れよ横浜に。避難所の頃から小高のひとに嫌われてんのにあの神経は分からん。社協さんのボラセンが出来たのだから場所も譲るべきだし労力も協力させてもらうのが大事なのにそう言うこともできないから松本光雄は大馬鹿です。

なので小高社協ボラセンに行きました。懐かしい職員さんも居て挨拶して。家の片付けに行ったお宅は若いご主人で埼玉に避難されているそうでそう言う話もしてたのを弟も聞いてました。片付けも一人では途方に暮れる、そりゃ確かにそうだ。

そもそお解除しても1年が過ぎて未だにライフライン復旧4割とか自分の住んでいた町なのに宿泊禁止とか復興予算を泥棒する様な官僚が居る日本ではどうもならんと怒りが出て来る。ライフラインの復旧なぞは数百億あれば十分出来て終わっているはずなのに。2年ちょっと、解除後1年ちょっと経っても解除ありきでやっぱり無策なんだと感じる、帰宅するしないはは個人の自由だから別の問題としてライフライン復旧を優先させるのは別の事。原発事故を起こしても喉元が過ぎて豊かさを享受している都会の為にこう言う現状がある。血圧上がるわ。

  *

ヨガ爺にも会えて土曜日に日よけが居ると言うのでお手伝いをしに行った。相変わらず不良老人健在で最近は暴走老人と称号をもらっているそうだ笑ってた。演劇畑だから夢見る老人パフォーマンス好き老人だけど久々に「それ違うヨ」とか「なんなんだよ?それは」とかやったり楽しかった。ヨガ爺も実際そう言うのを楽しんでる。

〜書き疲れました、忘れないで続けよう。
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-06-25 11:50 | 南相馬支援訪問記 | Comments(2)

出張週間のめも日記

気がつけば5月ももう終わりに近く暑くなって来た、出張週間で金曜に戻ったら三冬どのが喜んで飛び出て来た。相変わらずギターに潜り卵を温め続けているけど日光浴はさせないとビタミンなんとかが欠乏すると言うので昨日今日と日光浴。これは世話を頼めないしなかなかカゴに入れるまでがひと苦労。好物のオーツ麦で今日は騙されてくれました三冬どの。

  *

出張中いろいろ気になった事があるんだけどiPhoneでは打つのも面倒で旅館に「ソフトバンクwifiスポット」が貼られてたので期待!したのにiPadでは「有料wifiスポット」だったので凄く残念。ギターもしばらく出来ないから宿題と言うか少しは課題のために若い時分かんなかったケニーカークランドのインプロの譜面をアナライズするのに持って行ったんだけど飲んで少ししか進んでない。GarageBandのピアノで確認しながらで十分。

  *

なんともやるせない気持になるのは橋下あほの発言もそうなんだが、乙武さんの入店拒否をTwitterで知って「乙武」で検索するとこの世は悪意に満ちている事満ちている事、陰鬱な気分になった。彼の本「五体不満足」も読んだことないし世の中が理解しやすい障害者像と言う感じで思ってたんだけど2階に店を構える店主からの入店拒否。このことに発するんだけど店主からのお言葉に余程気分が落胆した出来事だったのだろう。
有名であるが故に「事前に連絡が常識」「常識が無い」「店名をあげてイジメだ」などなど滅多切りに近い攻撃を受けていることに、とにかく唖然としてこの国はどうなっちゃったんだと嘆かわしい気持になった。

欧米などの「〜ではの神」症候群ではないけど一口に欧米と言ってもアメリカ型のADA法(障害者差別禁止法)と欧州のいろいろ各国の法は中身もかなり違う。ADA法は「スタートは準備するからその後は自己責任」の様な感じでなので車いすのホームレスも居たりする。欧州型は違う、社会保障の一部として位置づけているからアメリカ型とはかなり違うし国ごとにかなり違う。
そう言う「欧米では〜」の声に「ここは日本なんだ!障害者の身勝手を許すな!」の憎悪の様な主張が満ちている。なんなんだ?!・・・。これが大多数の声なのだからウンザリザリガニ。

想像力も思いやりも自分の身に置き換える事も何も無く、例えば乙武さんの要に有名でない障害者だったら?自分が明日障害者になったら?自分が高齢者になって不便を感じ始めた時は大丈夫なのか?キリが無いけど何も無い。こんな国がオリンピックを開催しようとしているなんか情けない、猪瀬の阿呆発言もあった事だしあれだけの震災があっての道半ばなのに一刻も早く潔く辞退して欲しい。

  *

情けない国だ、いつからなのかな_と思いつつ、経済再生を超え高々に毎日うるさくいろいろな問題も余裕が無い利益のためなら何でも勝ち負けのカテゴライズ目眩まし。余裕というか寛容でもなんでも良いけど余白やのりしろ見たいなものが消え去っている事を改めて感じた事件でありました。

  *

ちょうど宿で出逢ったアメリカ人の若い青年に話したら「そうなの?ちと考えられないね。。」見たいな事になるんだけど英語力が無くて会話も難しいもんです。Hashimoto Mayorの事は知ってたしつたない英語で聞くのは何とかなんだけど説明が出来ない。TPPはやっぱり知りませんでした、そんなものなのだ。25歳の青年で教師でありアイオワから学校への文化交流のために来ている、音楽の話をしたら若いのにモータウンも好きでJazzも好きらしく、飲んで訳の分かんないダメ日本人を晒してるのもまあ出張週間の愛嬌か。6/1まで滞在と言うので来週は出張は少しなのでちっとしたプレゼントをと思う。と言うか酒を紹介して紙パックでは、、さすがに新潟銘酒がすたる。青年だけと言う訳もいかないし女性2人にはなんか良いのかないか近所の観光物産館「ふるさと村」でも行って来よう。
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-05-26 12:20 | まとめ日記 | Comments(3)

加藤さんからメール。残念無念。

昨日まで上越出張で来週からまた出張なんだけど帰宅したら、!加藤崇之さん(恩師)さんからメールが来てて「村上市で演奏するんだよ」って。ガーン・・で時間見てもあと30分くらいじゃ間に合わないしガックリ。残念無念チョー残念。出張中、1週間ずっと痛かった腰痛でへこへこのヘバヘバだったのに更になお凹みました。トリオで日本海側東北の演奏旅みたいなんだけどどんなだったのかなと悔しい限り。

思い出せば20年前位だなあ。最初にPITINNで聞いた時は驚きだった。Lessonの時はオーソドックスなジャズスタイルなのに聞きに行ったらフリーインプロと言う当時は知らない音楽のタイプでもの凄く怖い思いとなんか迫って来る音や引きやとにかく言葉に説明出来ない「衝撃」を受けたのです。東京修業時代中は練習時間を増やすためバイトの稼ぎもも10万位でそっから家賃や生活もしLessonを払い、月に幾つかはいろいろなミュージシャンのライブを聴きに行った。凄い切り詰めてたなあと思い出す。もやしだけ食ってしのいだ事もあったっけ。

んで加藤さんの演奏だけはなんか別次元の世界だった。それに最初はお客さんが居ても休憩でほとんど帰ってしまう、いつもパイプを加えた初老の方と僕だけ残ってた気がする。でも言葉で説明出来ない「衝撃」と言うのはずっとあって恐いもの見たさ?や興味を持って行く自分があってよく行っていた。

その後帰郷しても営業職だった頃は出張にあわせて聞きに行ったり、近年では知人の奥さんの散骨のお付き合いに神奈川に行った時にも聞けた。そいつが途中で帰りたいって言わなきゃ全部聞けたのに残念。

そんな訳でCDとかしか聞いてないのでもあるけどたまに聞くと進化していて、、特に近年出たガットギターに寄る全部ソロギターの「天国への最後の階段」は素晴らしく冒頭のオレオから自由な発想の世界に連れて行かれる。こんなギタリストは世界にも居ないんではないかとさえ思ってしまう。

ホント惜しかったな残念。。でもそうやってメールくれたり寡黙な思い出の加藤さんだがピュアで実に本当の意味で優しい。辛い事があって帰郷を考えている時も真剣に話を聞いてくれアドバイス頂いた事は未だ覚えている。細かい技法や云々と言うLessonでは無く自分で感じて行くと言う様な感じだったけれども音楽性やその姿勢と言うか何書いて良いんだか分からんけどとにかく恩師です。

ライブ聞けないからいじけてるけど仕方ない。天国への最後の階段聞くかな。
d0229242_1949133.png

[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-05-18 19:49 | 音楽 | Comments(0)

ある日突然

起きたらボストンの爆発にびっくり。もちろんこう言うのは予告しないけど先日の淡路地震も旅館で朝起きたらびっくりでそれもある日突然なのは当たり前なのだけれども心配だった。ずっと行ってない産まれた大阪の箕面市。幼少の頃育ててくれたばあちゃんが死んで18年になる。阪神大震災の直接の影響でなくて親しい友だちを沢山亡くしたショックで5月頃から寝込みそのまま意識不明で延命治療もあり夏前に亡くなった。何度も危篤を聞いて当時東京に居たから駆けつけて点滴で肌が緑色があちこちになってるおばあちゃんの顏を今でも思い出す気がする。じいちゃんはその後ショックで痴呆になり大変だったらしいあと数年後亡くなった。まだ大学生か高校生くらいだった従妹が介護してたんだけどロウベンとかもあって。とにかく親戚は無事だったようで良かった。新潟には妹が嫁いだ先位しか親戚も居ないので、あとは関西か四国になるんだけど突然ある日というのは嫌なもんだ。

  *

ボストンは初めて行ったアメリカだったけど、ホテルの喫煙所で煙草吸ってたのにおばちゃんが喧嘩売って来て嫌だったな。ラッキーストライクの刺繍があったポロシャツ来てたのが怒りだったらしいんだけどウッサイわ!、フロントの人も来たんだけど英語も出来んし援護も一応してるんだけど東洋人への差別のまなざしってあるもんだし日本語で何かしか言えないのは悔しいもんだ。今回のはテロなんかな、なんなんだろう。20年前でも一応ホテルで貰ったマップにはDangerのゾーンもあったりしたし。犠牲の方の冥福は祈るけど、憎しみの連鎖やテロ疑惑とか気分で動かないで欲しい。学校で銃乱射があったりそう言う類いもあるのだから。サダムにしろビンラディンにしろカダフィにしろ最近のアメリカのやり方はオカシイのではないか。それでも日本はなんでも言いなり。TPPでもなんでもそうだけどうんざりザリガニです。

  *

三国連太郎さんも亡くなったんだ、合掌。息子が佐藤浩市さんと言うのは知らんかった、、全然似てない気がするんだけど。先日の大滝秀治さんが亡くなった時はもの凄いショックだった。いろんな作品に出ているしなんだけど、剣客商売での「鬼熊酒屋」の熊五郎、原作を飛び出て来るかの様、鬼気迫る凄い1話だったな。剣客商売には三国連太郎さんは出て来なかったけど名俳優が沢山出て来た。芝居の世界は分からないけれど所作や時代背景や立ち振る舞いなどあるレヴェル以上の俳優しか出てはならない様な気がする。映像も素晴らしく美しかったし構図も素晴らしかったし予算のなかであれだけすると言うのは原作が好きで好きでたまらない人たちの賜物なんだろうな。藤田まことさんが存命ならシリーズは続きいずれ三国さんも出演していた気がする。なんか名優が逝ってしまうとぽっかり穴があいた気分になる。

 *
 
ある日突然と言うのはいろいろ思い出したり気も抜けたりするな、って腰も痛くみっともないけど夜間作業週間が昨日から。帰ると真っ暗の中から三冬どのが律儀に出迎えてくれる。相変わらず卵をギターの中で暖めてるんだけど、絶対犬だな子の性格は。尻尾があれば振っていると思う。夜中に起こしちゃ良く無いし可哀想と思うんだけど飲みながら一緒に豆腐を突くのを見てると良いものだ。さすが名前に負けない「三冬どの」立派な日本人だなあ。
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-04-16 19:39 | 生活 | Comments(3)

温泉慰労会なのだ。なのだ。ほか

今日は温泉飲み会なのだ、正確にはあまりご一緒しないけど仕事仲間さんが「もう歳だしシンドイ!孫の世話したい!」引退するんで一泊慰労会。街の出て飲んでも近場の温泉で一泊でも変わらんってので全部で僕も混ぜてもらって4人、小さな慰労会です。温泉なんて久しぶりだなあ。。。よりも上げ膳据え膳の料理も楽しみです。2時からチェックインとか?!わお1時に迎え来るし自営の集まりだからこんなのないもんな、幹事してくれた元請けの若手に感謝です。書いておかないと忘れる。

 *

ミサイル騒ぎでなんか世の中ウッサイ。個人的にはもうどうでも良いのである。何度目か忘れたし撃ち落とせた試しも無いではないか。今回の配置もポーズだけど言うか、、毎回裏日本=日本海側はどうでもいいんだよな、地方はどうでも良いんだ。やってらんない。大体、震災以降、原発事故以降この国の情けなさを見ればどうでも良い。んで昨日は月命日だったり。最近は時間に黙祷とかは考えないけど朝11日と見るとなんか手を合わせて祈るのといろいろ思いを馳せてしまう。そう言うのも忘れてミサイルやPM2.5とか騒ぐ気になれないなあ。ミサイルも何度目の狼少年なんだろ。うがって見れば「日本に兵器を買わせよう」と言う機運を高めているだけにしか思えて来ない。

 *

その一つが昨年の衆院選挙から降って沸いた憲法改正。馬鹿じゃねーかと思う。まず「改正しやすい様に96条を変える」。どう考えたって馬鹿だよ。個別の憲法を争点や暮らす国民の話にもならないしまず替えやすい様にする。それも政権とってすぐ生活保護を切り下げてしまう様な安倍政権がだ、自民党がだ。そんな政権下で気分で2/3を1/2にする、時の気分屋政権で過半数でコロコロ変えられちゃうものは憲法でない。恥ずかしいことです。

 *

個々に9条とかももちろん入るんだろうけど順番があべこべだし、改正しやすい様にすると言うのが危険だ。そもそもアメリカの植民地の日本がこう言うこと出来るのは、もうアメリカの根回しがすんでいるんだろうな。要は「面倒見るのもシンドイし兵器をどんどん買って下さい」ってことだろう、きっと。TPPもそう言う事なんだけど沈み行く国からは搾り取っておこうと。いつからか分からないんだけど足りて知るとか大事なものを日本はどんどん捨ててしまっているのに気付いていないんでは無いだろうか。ホント気分悪い。

 *

サッチャーも死んだ。思い出すのはThe Smithの「たかが雑貨屋の娘じゃねーか」と言うアルバムだかシングルがあった。ああ言うのを出せる英国ロックの気骨って言うのは本当に尊敬する。モリッシーも良かったけどジョニーマーが良いギタリストだしあのバンドは未だあるんだろうか。それに他のバンドでも「ホワイトハウスに爆撃」とか平気であるもんなスタイルカウンシルだったと思うけど。こう言うロックの魂見たいのも、もう日本にはないよなあ。多分。サッチャーやレーガン、中曽根なんかが悪かったんだろうな、まったく。


=========
まめにブログは書いておきたいけど今日も駄目だ。 よし支度しよ! (๑•̀д•́๑)キリッ!
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-04-12 11:25 | 生活 | Comments(2)

メモ

しばらく現場が続いてたんだけど20年近くぶりの空気管張り。それも高所作業車ではなくタワーで張って行く。ヘルプ!の連絡もらった時は「タワーか久しぶりだなあ。。」なんて軽く考えてたんだけど甘かった、、。若かりし頃より体重は30kgほど増えてるしタワーは押す方だったんだけど鉄骨と言うかパイプに登り付いて作業するのに身体の重いこと重いこと。タワー組んだりも久しぶりのせいか、、歳のせいか、、怖いし。気分は若いままでもやっぱり時の移ろいと言うのは侮れない。

そんあ重いメタボちゃんが昇り降りを繰り返せば握力や至る所が筋肉痛。や〜へばったへばった。最初は設計の張り方に揉めてらしくCAD上で設計したメーカの現場を知らんわかもんさんの張り方で、あれでしてたら恐ろしいほどの作業だった、、まだ終わってないし無理だよあんなの。ほんと最初に揉めておいてくれて良かったし助かった。現場知らんでCADでささっと書かれてはたまらん。そう言う事も世代交代の時代なのか、、、昔の設計さんはそう言う事まできっちり考えてとかあったみたいだけど流れなんだろうな。まあ現場の意見を入れてもらってホントに助かりました。

 *

手がこわばって文字打つのも大変だしギターなんぞ無理な日だった。手がドラえもん化してた。でもiPhoneで面白いゲームを見つけてGalaxy on Fire2にハマった。前から有名そうだけど面倒そうでやってなかったんだけど、気分はスターウォーズ!ファルコン号が出てくれば最高だなあ。なのだけれどもiPhoneは文字が小さ過ぎてもう最近シンドイ。老眼鏡大活躍なんだけどiPadでは初代ではもうパワー不足なのかよく落ちる。SNSの通知でも落ちる。

物語が壮大だったりミッションを一つ一つクリアし星系同士の問題があったり設計図をルートから買って部品をいろいろ揃えると完成して行く。確かに宇宙好きとかSFX好きとかそう言うのにはハマる。主人公は宇宙を旅する一匹オオカミなんでハンソロと来ればファルコン号が良いなと思うんだけど。

 *

そんな最中東京原発福島1の電源喪失もあって何やってんだか分電盤じゃないのに配電盤にネズミ?。ネズミによる電気事故なんか何十年前の話だし配電側って高圧の600とかその上の世界じゃないのか。あれだけ国から東京電力に資金を投入して発表は東電任せでこんな国で原発によるエネルギーとか再稼動なんか当然あり得ない。
ちょうど去年の秋頃か(次の事故は人的ミスで起きるんだろうな。。)って思ってたの。実際 原発廃炉作業員の求人は16~20万ちょっととかホント安い!。除染の危険手当が払われてないの話が報道されて皆無になったし。
まあ自民政権で安倍政権じゃ何やっても昔通りの既得権益、官僚と経済界の思惑通りだからなんだかな、もう駄目だなあと言うのが日々。「全く期待出来ない」ことが期待通りなんで残念だしうんざりです。石原環境大臣もなにしてんだか、PM25とかで騒いでんじゃねーよ、まあ親が阿呆だから子も阿呆なのか。

 *

南海トラフ地震の被害予測も220兆円と言う額ばかりが目立ってウンザリだった。まずは命なんじゃ無いか経済市場主義のこの国はなんかオカシイ、かなり前から随分おかしくそれを誰もがオカシイと思わなくなっている。220兆円!こう書けば公共事業は大義名分でどんどん進むしあれだけの被害を受けた東北の基盤の復興がさらに置いて行かれる。現に小高のライフラインも復旧してないのに。次は波江とか言うけどそう言う無策のまま解除してもその絶望感は余りにもデカいのにわざととしているんだろうか。そう言う事を置いておいて大震災の生活基盤の復旧は置いておいて、220兆円の防災対策にはやっていく!と言うことなんだろうな。自民政権、官僚、財界のやつららしいやりかただ。

 *

最近TEDを見てる。納得もできたりチト待てよとかもあったり良い。SNSに時間採られるよりもいい感じもするし日本に置けるデザインの語彙は余りにも狭義だしテクノロジーに関するIT革命もどうしようもない。エンターテイメントにおける創造性などのこの蓄積も大したもんです。米政府や行き過ぎた資本主義に警笛を鳴らし気付いている米市民がいると言うもあの国は底力だなと思うんだけどTPPに安易に参加する様ではもう駄目だ。あんなの当の米国では全然ニュースにもなってないよ。


考え事もまとまらん。です。いつもだ。不調だな、。三冬どのはまだ卵産んでます、とほほ。
[PR]
# by lifecanvas2 | 2013-03-22 17:32 | 生活 | Comments(2)


リスタート。言いたい放題書いて行きます。ギターレッスンや音楽レッスン希望の人はE-Mailください。inoueworks@gmail.com。Twitterは @lifecanvasiesまで。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
多分社会は変わらない。今..
by lifecanvas2 at 05:57
> y602057さん ..
by lifecanvas2 at 04:19
楽な作業に配慮してもらっ..
by lifecanvas2 at 17:04
ギターがどうにもコルセッ..
by lifecanvas2 at 10:37
手術前もありがとうござい..
by lifecanvas2 at 10:02
こんにちは、ありがとうご..
by lifecanvas2 at 16:59
いろいろ人から聞いたりし..
by lifecanvas2 at 08:43
ご無沙汰です ^_^ 腎..
by lifecanvas2 at 07:42
いつもありがとうございま..
by lifecanvas2 at 07:22
いつもありがとうございます!
by lifecanvas2 at 10:26
外部リンク!
外部リンク
検索
ファン
フォロー中のブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧